• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 警察官
  • 学校の選び方
やりたいことを見つけよう!

警察官の学校の選び方

警察官になるには「警察官採用試験」に合格する必要があります。試験内容は「警察庁」「都道府県警察」で異なります。国家公務員である警察庁の警察官になるには、まずは国家公務員試験をクリアしなければいけません。地方公務員である都道府県警察の場合は、各都道府県が行う公務員試験をパスすることが条件です。警察官になるために特定の学科を卒業している必要はないため、出身学科は政治・経済・外国語・工学から体育までさまざまです。どんな警察官になりたいかをイメージして、プラスαの強みになりそうな分野の学校を選ぶというのもひとつの方法です。人気なのは、公務員や法律系の専門学校。警察官採用試験対策に加えて、体力強化のトレーニングを取り入れたコースも設けられています。

高校

警察官になるためには、高校卒業以上の学歴が必要になります。特にどの分野の知識が必要という制限はありませんので、理系でも文系でもOK。ただし、一般常識が必要な仕事になりますので、公民や国語の能力は高ければ高いほどいいといえるでしょう。また、部活動などに積極的に参加し、基礎体力を備えておきましょう。

大学・短大

警察官を目指すための特別な学部はありません。ただし、法学部や社会学部で学べる法律や公民の知識はあればあるだけ役に立ち、採用後の警察学校での学びや配属後の業務を楽にすることができるでしょう。また、目標が警察官と決まっている人のなかには、昼間は大学や短大に通いながら、夜間は専門学校で警察官になるための勉強をするという人も少なくありません。

専門学校

警察官になるために、専門学校へ通うというのもひとつの方法。法律や政治・政策など、実務に当たる際に必要な知識を講義形式で学ぶことができます。また、採用試験対策として体力をつけることを目的にしたトレーニング実習を実施する学校も少なくありません。面接のトレーニングやOB・OGを招いての講義を行う学校もありますので、試験対策をしながら、より深く警察官の仕事を知ることができます。

警察官に関連する仕事・資格

警察官に関連する学問

警察官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路