• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 警察官
  • 仕事内容
やりたいことを見つけよう!

警察官の仕事内容

警察官とひと口に言っても、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級があり、仕事内容はさまざまです。警察職員は全国におよそ30万人おり、組織も非常に大きなもの。国の行政機関であり各地の警察を指揮する「警察庁」と、その地域で発生した事件に対処する「都道府県警察」があります。警察庁は、国家に関わる公安や警察組織全体の調整、各都道府県警察の指揮監督などの役割をもちます。都道府県警察の機構は各自治体によって少しずつ異なりますが、地域、交通、刑事…などの部門から成り立っています。そして各部門に配属された警察官たちがそれぞれの任務に当たります。

警察庁

警察庁は国の警察行政機関です。内閣総理大臣の下に「国家公安委員会」が置かれ、その下に「警察庁」という組織構成です。国家公安委員会の委員長は国務大臣であり、警察庁の長は警察庁長官になります。警察庁は、広域組織犯罪に対処するために都道府県警察の指揮監督も行っています。

都道府県警察

警察の現場に当たるのが、都道府県ごとに置かれている警察本部。「◯◯県警察」「◯◯府警察」など、各都道府県の名前が付いた警察組織です。例外として東京都のみ「東京都警察」と呼ばずに「警視庁」と呼びます。都道府県警察で働く警察官は、地方公務員。現場レベルで公共の安全や社会の秩序を守るための活動をしており、国家公務員である警察庁で働く警察官と比べると圧倒的に人数が多くなります。都道府県警察は業務内容によっていくつかの部門に分かれています。 都道府県警察本部や警察署における管理者(上層部)は、警察庁から出向している国家公務員が勤務に当たることが多いようです。

地域警察部門(地域課)

地域の生活に密着し、市民の生活と安全を守るのが地域警察。地域課の警察官は交番勤務や駐在所の「おまわりさん」のイメージで親しまれています。それぞれの交番・駐在所を拠点に、施設の外に立って警戒に当たる「立番(たちばん)」やパトカーでの「パトロール」、110番への対応や管内での事件・事故への対応活動を行っています。また、地域住民からのさまざまな相談に乗ることや、迷子の保護、遺失物・拾得物の届出の受理などを行うのも地域警察官。警察学校を卒業して一番はじめに行う実務のほとんどが地域警察であり、市民の生活安全のための幅広い業務に携わります。

刑事警察部門(刑事課)

刑事は刑事事件を担当する警察官です。主に、犯罪の捜査、取り調べ、逮捕などを行っています。テレビドラマでもおなじみの職業であり、警察官のなかでも人気の部門です。一方で最も忙しい部門でもあります。強盗や殺人、盗難、詐欺などの凶悪な事件が発生すると現場に急行し、被害者からの事情聴取や周辺への聞き込みを行い、犯罪捜査をします。犯人が浮かび上がれば張り込みや尾行をし、犯人特定後には逮捕、取り調べへ。テレビドラマでは私服の印象が強くありますが、刑事は必ずしも私服というわけではありません。仕事や現場の内容にもよりますが、実際はスーツを着用することが多いようです。

生活安全部門(生活安全課)

その名のとおり、市民の生活の安全を守る警察部門が生活安全警察です。日々の防犯や少年非行、ストーカーや悪徳商法など市民の生活に直接影響するような身近な問題に取り組みます。市民が安心して暮らせる場を実現するために、対策を考えたり実行したりするのもこの部門。市民からの生活安全相談をざっくばらんに受けることや、遅い時間に出歩いている子どもの補導指導も行います。 生活安全警察は防犯係、保安係、少年係のように、仕事内容によってさらに細かく分類することができます。防犯係の仕事はひったくりや空き巣、振り込め詐欺などの犯罪に対する防犯活動や、犯罪から子どもを守るための対策など。保安係は賭博事犯、危険物やゴミの不法投棄といった公害問題事犯、インターネットを利用した不正アクセス事犯などの取り締まりを行います。少年係は少年が関与する事件の早期解決や児童買春の取り締まり、街角での補導活動などを行っています。

交通部門(交通課)

交通事故防止や交通事故の処理、交通ルール違反の取り締まりなどを行うのが交通警察です。白バイやパトカーに乗って街へ出て、パトロールをしながら速度違反などさまざまな交通違反の取り締まりを行います。交通事故が起きた際に捜査の中心になったり、学校・保育園・幼稚園へ交通安全指導に行ったりするのも交通警察の大事な業務。交通規制や暴走族対策などの仕事もあります。 高速道路を専門に事故防止・取り締まりを行う高速隊や、白バイに乗って取り締まりを行う白バイ隊(交通機動隊)も交通警察。専門職的な側面をもち、運転技術向上のためのトレーニングや運転技術を競う全国大会などもあります。交通警察は高い運転技術に加えて判断力や観察眼も必要になります。

警備部門(警備課)

お祭りやイベントなど、大勢の人が訪れる場所で事件事故を未然に防ぐために活動するのが警備部門の警察官です。これ以外に、災害時の救助活動、地域のパトロールの任務にも当たります。また、テロやゲリラなどを未然に防ぐために国会や官庁、空港などを警備することや、要人のボディガード警備を担当することもあります。暴力団や国際テロなどに対しての捜査・情報収集を行う「公安警察」も警備警察のうちに含まれます。公安警察のほか、「機動隊」も警備警察に所属しています。

管理部門(総務課)

警察組織内の人事・総務などの事務仕事が主な業務です。現場の警察官が安心して仕事に取り組めるようにバックアップする大事なポジション。総務や広報、会計から福利厚生まで、警察組織をきちんと整えるための業務をこなします。デスクワークが中心ですが、現場の警察官から頼りにされる存在です。

警察官に関連する仕事・資格

警察官に関連する学問

警察官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路