• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 消防士
  • 気になる?年収・給料・収入
やりたいことを見つけよう!

消防士の気になる?年収・給料・収入

消防士の平均給与月額は約40万円です。行政職などそのほかの地方公務員と比較しても大きな差はなく、収入は安定しています。初任給に関しては、2015年の調査では、東京都の大卒初任給は平均21万円、東京以外の全国の政令指定都市の大卒初任給は平均18万7400円でした。なお、大卒と高卒では初任給に3~4万円程度の差があります。また、消防士には、業務の特性上、出動手当、救急手当、深夜特殊勤務手当などの特殊勤務手当が設けられています。

平均給与月額

39万7583円(平均年齢38.6歳)
※総務省「平成27年4月1日地方公務員給与実態調査結果」

平均給与は諸手当を含めて約40万円

2015年の、全地方公共団体の消防職の平均給与月額は39万7853円でした。その内訳は、平均給料月額が30万1535円、諸手当月額が9万6048円となっています。

東京都の大卒初任給は21万円

2015年の平均初任給をみると、東京都は大卒が21万円、高卒が17万7100円でした。また、全国の政令指定都市の平均初任給は大卒(試験採用)が18万7400円、高卒(試験採用)が15万4966円。大卒と高卒との比較では、大卒のほうが3~4万円程度高くなっています。また、すべての地方公務員にいえることですが、大卒のほうが昇進しやすく、その後の給与も伸びていく傾向があります。

消防士だからこそのさまざまな手当がある

消防士は、危険を伴うことや、24時間勤務であることなど、その仕事は一般の公務員と比べると特殊です。そのような背景もあって、消防士だけのさまざまな特殊勤務手当が設けられています。消防活動に従事した際の出動手当、急病人などを救急搬送した際の救急手当、午後10時から午前5時までに勤務した際の深夜特殊勤務手当などがその例で、それぞれ1回数百円程度のことが多いです。なお、手当の種類や金額は各自治体によって異なります。

消防士に関連する仕事・資格

消防士に関連する学問

消防士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路