• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 行政書士

行政書士

行政と市民の架け橋となる「街の法律家」
個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事。またそれに関連する手続きの相談を受けたりといった業務も含まれ、仕事範囲はとても広い。
行政書士
行政書士<国>

行政書士

行政と国民を書類で結ぶ専門家
依頼主に代わって、官公庁への権利義務・事実証明などに関する書類の作成・手続きを行う、総務省所管の国家資格。自動車登録、車庫証明申請書など身近なものから、各種法人設立申請書、営業許可申請書、外国人の出入国・帰化など国際的な渉外業務まで、取り扱う書類は1万種類以上ともいわれる。試験に向けては、憲法、民法、行政法を中心に、種種の法律を確実に覚えたい。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
行政書士になるには

行政書士になるには

年齢、性別、学歴、国籍に関係なく、誰でも受験できる行政書士試験に合格し、国家資格を取得することがスタートであり、必須の条件です。行政書士試験合格後、活動拠点を置きたい都道府県から1カ所を選び、各都道府県に置かれた行政書士会を通じて、日本行政書士会連合会に名簿登録の申請をします。また、行政書士資格をもたなくても、弁護士資格、弁理士資格、公認会計士資格、税理士資格の取得者は、行政書士の仕事をすることができます。

行政書士の学校の選び方

POINT
行政書士試験受験資格に学歴という項目がないように、行政書士になるために必ず通わなければならない学校はありません。学校に通わず、まったくの独学で行政書士試験合格を果たす人もいます。ただし、行政書士として働くには、行政法、民法、商法など各種法律の専門知識が不可欠です。幅広い法律知識を体系的に、効率的に学ぶ場として、短大・大学や専門学校があります。

行政書士の求められる人物は?適性を知る

POINT
行政書士に求められる最も根本的な能力は、幅広く正確な法律の知識です。行政と顧客の間に立って、顧客の要望を実現する仕事なので、高いコミュニケーション能力も必須です。また、行政書士の業務は、各種書類の作成や手続きを代行することで、行政の手続きを滞りなく行い、国民の役に立つことです。私利私欲ではなく、公共利益のために働かなくてはいけません。このことを常に頭に置いて仕事をするという責任感、使命感も大切になります。

行政書士の必要な試験と資格は?

POINT
行政書士として働くには、国家資格である行政書士試験の合格が一番はじめに必要な条件になります。取得した行政書士資格には有効期間などはなく、一度、合格すれば、何年かおきごとに更新手続きなどもする必要はなく、ずっともち続けることができます。以前は司法試験や公認会計士試験など他の法律関連の国家資格に比べれば取得しやすいといわれていた行政書士資格ですが、2015年度の合格率は約13%と低めで、決して取得が容易な資格ではないのが実情です。
行政書士の仕事内容

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は、とても広い範囲に及んでいるのが大きな特徴です。弁護士、弁理士、税理士、社会保険労務士などの法律専門家だけに認められている以外の法律事務すべてを担当します。いろいろな事業を行うのに必要な許可を役所からもらう手続き(許認可)、物を売り買いするときなどに交わす契約書の作成、例えば車を買うときに必要な車庫証明で、車庫は確かにここにあるという事実を証明する書類の作成(事実証明)と、それぞれに関する相談業務が行政書士の仕事の3本柱です。

行政書士の気になる?年収・給料・収入

POINT
公的機関の調査などが行われていないため、行政書士の確かな年収は不明で、諸説あります。平均年収は600万円、あるいは500万円以下がほとんど、300万円に届かない人も多くいます。一方で億円単位という高い年収を得ている行政書士もいます。300万円以下から数億円まで、収入の差が大きいのが、行政書士という仕事の報酬の実態です。複数の行政書士を雇って行政書士業務を総合的に行う体制になれば、1億円を超える高収入も望めるようになります(日本行政書士会連合会・取材)

行政書士の就職先・活躍できる場所は?

POINT
行政書士の働き方は、大きく分けて二通りあります。一つ目は行政書士が最も多く目標に掲げているのは、独立・開業することです。二つ目は行政書士事務所、行政書士が共同で設立した法人である行政書士法人の事務所に勤めることです。行政書士事務所は複数の行政書士が共同で事務所をもっているもので、報酬は各人がそれぞれで請求し、受け取ります。一方の行政書士法人では、報酬は法人の口座で管理し、所属する行政書士はそこから給料という形で受け取るという違いがあります。
  • 法律関連事務所
  • 都道府県庁
  • その他行政機関
  • 市町村役所

行政書士のズバリ!将来性は?

POINT
かつて識字率が低かった時代に、文字どおり依頼者の代わりに書面を作った代書屋がルーツの行政書士。今では代書屋的仕事はほとんどゼロになり、さまざまな許認可が主な仕事になっています。職業が多様化する今、それにつれて許認可の案件も新たに増加することになります。現在、許認可関連で扱う書類は1万種を超えますが、それ以上の数になるのは確実です。手掛けられる仕事の幅はさらに広がり、行政書士の未来は明るいといえるでしょう。

先輩たちにも聞いてみよう

行政書士のやりがいを聞いてみよう

会社設立を考えている、遺言を作成したい、新しく購入した自動車登録の申請をしたい、離婚の話が出ている…。日常生活で直面するさまざまな問題解決のために、数多くの書類作成や手続き代理などで手助けができることを、多くの行政書士がやりがいに挙げています。手助けをした結果、顧客から「ありがとう」「今回は助かりました」など、感謝の言葉をもらったときに、行政書士という仕事のやりがいを強く感じるという声が多く聞かれます。

行政書士の志望動機を教えて!

法律に興味をもち、深めた法律の知識を生かす手段のひとつとして、行政書士を志望する人がいます。法律知識を活用できる働き方は数多くありますが、行政書士は、より市民の生活に密着した分野で仕事をします。行政との間に立ち、人々が快適で円滑な生活をするための役に立ちたい。今、行政書士として活躍する多くの人たちは、そんな気持ちをもっているようです。また、行政書士の仕事のひとつに、相談業務があります。さまざまな悩みを聞き、解決に向けてサポートすることで、人の役に立ちたいという声もよく聞かれます。
取材協力
日本行政書士会連合会
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
行政書士<国>の就職先

行政書士<国>の就職先

試験合格後、日本行政書士会連合会の行政書士名簿に登録、各都道府県の行政書士会に入会することで資格が得られる。独立開業も可能だが、まずは事務所に勤務して、使用人行政書士として働く方法もある。また、税理士、土地家屋調査士、司法書士、社会保険労務士、宅地建物取引士など、他の職種と兼業する人も多い。
行政書士をとるには

行政書士<国>をとるには

行政書士<国>の受験資格

制限なし。

行政書士<国>の合格率・難易度

合格率
13.1%
※2015年度

資格団体

(一財)行政書士試験研究センター
電話:03-3263-7700
URL:http://gyosei-shiken.or.jp
行政書士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大原簿記情報専門学校福岡校 - 学校説明会 - 2017/08/08~2017/08/19 - 福岡県福岡市博多区上川端町14-13
大原簿記法律&美容製菓専門学校和歌山校 - スペシャル体験学習(製菓・製パン) - 2017/08/02~2017/08/19 - 和歌山県和歌山市黒田88-1
大原簿記法律専門学校難波校 - ☆スペシャル体験学習☆(ビジネスライセンス系) - 2017/08/01~2017/08/19 - 大阪府大阪市浪速区難波中1-6-2