• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ビジネス(営業、事務、企画系)
  • 第二種衛生管理者<国>

第二種衛生管理者<国>

第二種衛生管理者<国>

労働環境をチェックし、従業員の健康を管理。商業やサービス業の総務・人事部門で活躍

職業病や過労死などの労働災害を未然に防ぐために活躍するのが衛生管理者。労働安全衛生法により定められた国家資格で、50人以上が働く事業場では、最低1人の衛生管理者を配置しなければならない。空気の汚染度や照明の明るさなど、労働環境を調査・改善し、労働者の健康を管理する。資格には第一種と第二種があり、商業やサービス業など、特に衛生管理が問題とならない職場なら、第二種でよい。

第二種衛生管理者<国>の就職先

企業の総務・労務部門で、衛生管理業務を行う。50人以上の事業場では有資格者の常駐が義務化されているため、ニーズは高い。有害業務と関連が深い業種でなければ、第二種でよい。

第二種衛生管理者<国>をとるには

第二種衛生管理者<国>の受験資格

大学・短大・高専卒なら1年以上、高卒なら3年以上、または学歴に関係なく10年以上、労働衛生業務に従事した人、など、受験資格は13種類あり、いずれかに該当すれば受験できる。

第二種衛生管理者<国>の合格率・難易度

合格率
67.3%
※2013年度

資格団体

(公財)安全衛生技術試験協会
電話:0436-75-1141(関東安全衛生技術センター) ※関東の場合。試験は各地の安全衛生技術センターで実施されている。
URL:http://www.exam.or.jp/
第二種衛生管理者<国>を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

第二種衛生管理者<国>に関連する学問

第二種衛生管理者<国>を目指せる学校を探すならリクナビ進学