• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 公認会計士
  • 就職先・活躍できる場所は?
公認会計士の就職先・活躍できる場所は?

公認会計士の就職先・活躍できる場所は?

公認会計士の代表的な就職先は監査法人です。公認会計士試験合格者の9割は、まず監査法人に就職し、監査業務に携わります。ただし、活躍の場はそれだけにとどまりません。監査法人でキャリアを重ねてから、独立して公認会計士事務所を開く道もありますし、税理士法人やコンサルティング会社、一般企業・金融機関などに転職する人も多数。大企業が多数集まる大都市圏で働く公認会計士が多いですが、独立開業した場合、地方で地元の中小企業を顧客として働くこともできます。

監査法人

監査法人とは、わかりやすくいえば公認会計士が集まった、監査を行うための組織。4大監査法人(新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、有限責任あずさ監査法人、あらた監査法人)と呼ばれる大手から中小まで、組織の規模はさまざまです。公認会計士試験に合格した人は、通常、4大監査法人をはじめとした監査法人に就職して経験を積みます。海外で事業を展開する会社も多くなっているため、海外の会計事務所と連携してグローバルに活動する監査法人も多数あります。

税理士法人

税理士法人とは、税理士が集まった、税務を専門的に行う組織のこと。監査法人のグループに属している大手法人もあれば、少数精鋭で運営する法人もあります。税理士法人に属している公認会計士は、監査は行わず、税理士として税務や税に関するコンサルティングなどを行います。

公認会計士事務所

監査法人で経験を積んだのち、独立して公認会計士事務所を開業する人も多数。監査法人から依託を受けて、監査業務をサポートする場合もあれば、税理士登録をして、税務を中心に活躍する場合もあります。税務は、中小企業が主な顧客となるので、地方で開業することもできます。

コンサルティング会社

コンサルティング会社とは、会社の経営改善や組織の発展につながる提案・アドバイスを専門的に行う会社です。外資系や監査法人系列の大手から、中小・個人経営まで会社の規模はさまざまです。会社ごとに、経営戦略、会計、人事、ITなど専門分野に特化していることが多く、このうち、会計分野のコンサルティングでは多くの公認会計士が活躍しています。また、監査法人時代に豊富な経験を積んでおけば、経営戦略分野やIT分野のコンサルティングで力を発揮することも十分可能です。

一般企業

最近は、会計実務がより高度で複雑になってきています。そのため、会社の会計のしくみ作りや日常的な管理をより適切に行う目的で、会社の中に公認会計士を置く一般企業も増えています。監査法人で経験を積んだ人が、経理部門や財務部門のマネージャークラスやCFO(最高財務責任者)といったポジションで採用されることが多いです。民間企業のほか、金融機関、中央官庁、地方公共団体、公的組織などで経理や財務を担当するケースもあります。

全国のオススメの学校

公認会計士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路