• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 土地家屋調査士
  • 学校の選び方
土地家屋調査士の学校の選び方

土地家屋調査士の学校の選び方

土地家屋調査士に関連のある知識を学べるのは大学や専門学校、資格スクールなど。大学や専門学校では、不動産学、経済学、法学、会計学などに加えて、実務に関連する分野を学んでおくと将来のプラスになります。土地家屋調査士の資格取得に向けた勉強をしたい人の多くは、資格スクールを併用しています。資格スクールには試験対策の方法が蓄積されており、時間を有効に使って学習することができます。

大学

土地家屋調査士の試験では、測量技術に関する知識のほか、不動産登記法や民法の知識が問われます。大学の建築や土木工学系の学科では、土地家屋調査士に必要とされる基本的な知識を学べます。また、授業はもちろん、授業外でも対策講座や夏合宿などを開催して、知識の習得を全面的にバックアップしてくれる大学もあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

専門学校

建築や測量、土木工学科などを設置した専門学校では、測量技術に関する知識をベースとして、土木構造物建設に必要な材料に関する知識から、構造力学、地盤工学、環境工学に至るまでの幅広い知識を学ぶことができます。現場で活躍できる人材を育てるために、最新の測量手法を学ぶ授業を導入している学校もあります。こうした授業ではGPS測量、地形測量、CAD技術なども学ぶことができるため、実践的な知識と技術を習得することができます。

資格スクール

土地家屋調査士は、合格率が10%を切る難関資格です。このため、資格取得に直結する知識を学ぶ場合は、資格スクールを利用するのが一般的です。資格スクールは、初心者から受験経験者向けまで幅広くコースを用意しており、安心して勉強に専念することができます。テキストや講師陣も充実しており、資格取得に向けた勉強を無駄なく進めることができるのも大きなメリットです。

全国のオススメの学校

関連する職種・資格・学問もチェックしよう

土地家屋調査士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路