• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 不動産鑑定士

不動産鑑定士

不動産鑑定士

不動産の価値を評価する専門家

建売住宅やマンションの価格を鑑定評価する。これらの鑑定は、土地価格の変動や物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、客観的に行われる。それゆえ、社会的責任も重い。高度な技能が要求される。資格取得のための試験も超難関で、取得できるまでの道のりも長い。

不動産鑑定士のやりがい

土地や建物などの経済的な価値を鑑定評価するという仕事は、不動産鑑定士だけが行うことのできる独占業務です。国や地方自治体が公表する土地の価格や不動産取引に関する金額なども、不動産鑑定士の鑑定評価に基づいて決定されます。このように社会的な責任や影響力が大きいところは、不動産鑑定士が誇りをもって働くことができるポイントと言えます。また、不動産はもちろん、法律、経済、会計などの幅広い知識が求められる専門性の高い仕事であるということも、大きなやりがいになっています。

不動産鑑定士の就職先・働く場所

就職先は不動産系企業と金融系企業に大別できます。不動産系企業には、不動産会社の鑑定部門や不動産鑑定士事務所などが含まれます。金融系企業を代表するのは銀行や資産運用会社などですが、このほか近年は、会計事務所や資産運用系のコンサルティング会社で活躍するケースも増えています。これらの企業に就職した場合の仕事内容は不動産の鑑定評価が中心ですが、勤務先によってはコンサルティングや信託業務(※3)なども行います。また、不動産鑑定士の中には個人事務所を開設して活躍する人もいます。個人事務所で国や地方自治体から鑑定業務を依頼されるようになれば、安定した収入を確保できます。※3 信託業務=委託者が設計した目的に従って財産(金、土地、建物など)の管理や処分を行うこと。

  • 不動産会社
  • 建築現場

不動産鑑定士の年収・給料・収入

不動産鑑定士の年収は、厚生労働省が2015年に発表した「賃金構造基本統計調査」に掲載されています。10人以上の社員が在籍する会社における不動産鑑定士の平均年収(男性の場合)は741.5万円、10~99人の会社では527.3万円、そして100~999人の会社では832.5万円となっています。ちなみに平均年収は、毎月支給される給与にボーナスなどを加えた額です。ただしこの統計は、調査の母数が少ないため、実態を反映していない可能性があります。独立開業した不動産鑑定士の年収は、公的機関などによる調査が行われていないためデータがありません。

不動産鑑定士の将来の展望

弁護士や公認会計士といった国家資格が合格者数を増やしているのに対して、不動産鑑定士は仕事量と有資格者数のバランスが比較的安定しています。また、企業は常に資産の最新の価値を把握しておく必要があるため、不動産の鑑定評価業務は、増えることはあっても減ることはないと見込まれています。不動産鑑定士の仕事はまだまだ開拓の余地があるとみられており、将来的な安定性の高い仕事と言えます。

不動産鑑定士になるには

不動産鑑定士になるには、国土交通省が実施する国家試験に合格する必要があります。この試験は2006年度から受験資格が撤廃されており、年齢や学歴に関係なく誰でも受験できます。試験範囲は不動産に関する行政法規や不動産鑑定、民法、経済学、会計学など幅広く、試験対策を開始してから不動産鑑定士として登録するまでに数年を要する難関資格です。このため論文式試験合格後は不動産鑑定事務所や不動産会社、銀行などに就職し、数年の実務修習を経て、不動産鑑定士としての登録を目指すのが一般的です。

不動産鑑定士の適性・求められる力

不動産鑑定士として活躍するには、不動産や法律、経済、会計などに関連する高度な専門知識が必要です。案件ごとに異なる条件の下で鑑定評価を行う必要があるため。論理的に考える能力と計算力も大切な素養になります。また、鑑定する土地に実際に出向いて調査を行うため、フットワークの軽さも必要です。一方で、地道な計算や書類作成をコツコツこなす事務処理能力も求められます。

不動産鑑定士の学校の選び方

不動産鑑定士に関連のある知識を学べるのは大学や専門学校、資格スクールなど。大学や専門学校では、不動産学、経済学、法学、会計学などに加えて、実務に関連する分野を学んでおくと将来のプラスになります。不動産鑑定士の資格取得に向けた勉強をしたい人の多くは、資格スクールを併用しています。資格スクールには試験対策の方法が蓄積されており、時間を有効に使って学習することができます。

不動産鑑定士<国>

不動産取引などに伴う鑑定評価やコンサルタント業務を手がける

土地価格の変動や物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、建物の価格決定に必要な鑑定評価を主に行う国家資格。高度な知識と技能、判断力が必要で、公正、適正な不動産取引を実現し、人と不動産のより良い関係をつくるプロフェッショナルだ。試験は平成18年から短答式(択一式を含む)試験と論文式の2段階に。

不動産鑑定士<国>の就職先

合格後、実務修習がある。ここで不動産鑑定士に必要な技能と高等な専門的応用能力を修得し、修了について国土交通大臣の確認を受けることで資格を得られる。大手不動産会社や銀行などで活躍したり、鑑定事務所に勤務する場合が多いが、独立開業も可能。

不動産鑑定士<国>をとるには

不動産鑑定士<国>の受験資格

制限なし。短答式試験で一定の基礎知識が確認された者のみ、論文式試験を受験することができる。

不動産鑑定士<国>の合格率・難易度

合格率
30.2%
※2014年度

資格団体

国土交通省 土地・建設産業局 地価調査課
電話:03-5253-8378
URL:http://tochi.mlit.go.jp/seido-shisaku/kanteishi
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

不動産鑑定士に関連する学問

不動産鑑定士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

東海工業専門学校金山校 -  F:大工コース - 2017/07/30~2017/08/20 - 愛知県名古屋市中区金山2-7-19
東海工業専門学校金山校 -  A:住宅設計コース - 2017/07/30~2017/08/20 - 愛知県名古屋市中区金山2-7-19
東海工業専門学校金山校 -  C:インテリア模型コース - 2017/07/30~2017/08/19 - 愛知県名古屋市中区金山2-7-19