• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 簿記能力検定試験

簿記能力検定試験

簿記能力検定試験

企業の経営状態や財政状態を明らかにする簿記は、円滑な経営活動に不可欠

簿記能力検定試験は、企業の過去から現在の状況、そして将来の予測までを表現する簿記の技術や知識を評価する資格。現金の収支や決済、物品の購入、商品の仕入れや販売、債権や債務の発生などを記録する簿記の仕事は、すべての企業において欠かせない。検定は4級から上級まで5段階に分かれており、3級は個人企業の経理担当者、2級は法人企業の経理担当者、1級は経理主任、上級は経理責任者レベルとなっている。

簿記能力検定試験の就職先

企業の経理・会計担当者として活躍できる。また、営業や管理職でも知識を役立てることができる。2級以上を取得しておけば、就職・転職で武器になるだろう。

簿記能力検定試験をとるには

簿記能力検定試験の受験資格

制限なし。試験は2月、7月、11月の年3回実施している。

簿記能力検定試験の合格率・難易度

合格率
62.1%(3級)、33.74%(2級)、57.87%(1級:工簿)、59.18%(1級:会計)
※2014年2月実施(第173回)

資格団体

(社)全国経理教育協会
電話:03-3918-6131
URL:http://www.zenkei.or.jp/
簿記能力検定試験を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

簿記能力検定試験に関連する学問

簿記能力検定試験を目指せる学校を探すならリクナビ進学