• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 国際
  • 外交官
  • 学校の選び方
やりたいことを見つけよう!

外交官の学校の選び方

外交官の中でも、外交政策の企画・立案に携わりたいと考えている総合職の志願者は、法学部や政治経済学部、国際関係学部や外国語学部のある大学出身者がほとんどのようです。また、採用試験には院卒者枠もあるので、大学院で学んでからチャレンジする人もいます。高度な外国語スキルが求められる外務省専門職員の場合は、外国語試験を15の言語から選択できるので、英語の学習とともに難関克服の武器として、これら言語の習得に軸足を置いた学校選びも考えられます。

ポイントは国家資格受験対策の充実度

外交官の中でも政策の企画・立案や運用、法律の制定などに携われるキャリア外交官をめざすなら、国家公務員採用総合職試験に合格する必要があり、試験の出題科目にもなっている法学や国際法律、経済学などを履修できる大学への進学は選択肢のひとつです。高度な語学力が求められる外務省専門職員は、採用試験に応募する段階で、TOEFL (R)テスト(iBT) 100点以上、またはIELTS 7.0以上のスコアを有することが推奨されています。望まれるレベルの語学力を確実に習得するためには、より実践的な外国語教育に特化した大学、語学に強い専門学校とのダブルスクールでスキルアップを図るのも有効な試験対策になります。

外交官に関連する記事

外交官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路