• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 国際
  • 貿易実務検定(R)

貿易実務検定(R)

貿易実務検定(R)

貿易の仕組みやルールの知識、実務能力を判定する

国際間での売買契約のルールである「貿易実務」の総合的な知識や、貿易英語の基礎能力などを判定する検定試験。貿易関連の法律が中心の通関士試験に対し、この検定ではマーケティング、商談、契約、代金決済、信用状、クレームなど、貿易実務についての幅広い知識が求められる。レベルはA級、準A級、B級、C級がある。

貿易実務検定(R)の就職先

商社や製品の輸出入を行うメーカー、海外と直接やりとりをする部署を持つ企業、貿易関連組合、通関関連業、人材派遣会社など、活躍の場は幅広い。個人輸入を行う人にも役立つ。

貿易実務検定(R)をとるには

貿易実務検定(R)の受験資格

制限なし。

貿易実務検定(R)の合格率・難易度

合格率
65.60%(C級)、41.00%(B級)、 34.30% (準A級)、11.10% (A級)
※2014年5月(C級)、2014年3月(B級、準A級)、2011年3月(A級)

資格団体

日本貿易実務検定協会(R)
電話:045-225-6307
URL:http://www.boujitsu.com
貿易実務検定(R)を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

貿易実務検定(R)に関連する仕事・資格

貿易実務検定(R)に関連する学問

貿易実務検定(R)を目指せる学校を探すならリクナビ進学