• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 通訳
  • 学校の選び方
やりたいことを見つけよう!

通訳の学校の選び方

通訳者を目指す人は、大学や短大などに進学し、ネイティブレベルに近づけるよう、語学を磨くことが大切です。語学を集中的に学びたいようであれば、通訳・翻訳コースのある学校を選ぶのもよいでしょう。また、幅広い知識をもつことも通訳者に求められるので、語学のほかに、自分の専門分野の知識を深めることも、通訳者を目指すうえで役に立ちます。本格的に通訳者になろうと決めたら、通訳者養成スクールに通い、通訳技術を身につけていくのが一般的です。

大学・短大・専門学校

語学の基本をしっかり身につけたいという人は、英語学科など語学系のコースがある学校を選ぶとよいでしょう。また、通訳・翻訳コースを開講している学校もあります。さらにネイティブの講師や留学プログラムなどがあれば、外国人とのコミュニケーションを知るうえで役立つでしょう。
ただし、語学系のコースを卒業したからといって、必ずしも通訳者になれるとは限りません。実際に通訳者として働いている人のなかには、語学系以外の学科出身者も多く、最近では理系の勉強をしてきたという人も増えているようです。
大学や短大、専門学校で語学を磨くことはもちろん必要ですが、そのほかに自分の専門分野をひとつ築いておくと、通訳者として働くときに有利になることもあるようです。

通訳者養成スクール

通訳者になるためには、ネイティブレベルの語学力があることを前提に、通訳者養成スクールで通訳技術を身につけていくのが一般的です。大学や短大などに通いながら通訳者養成スクールに通う人もいますし、卒業後に働きながら通う人もいます。
通訳者養成スクールにもさまざまありますが、エージェントが運営しているスクールは現役の通訳者が講師になっている場合もあり、質の高い授業が受けられることが多いようです。また、優秀な成績を収めていれば、将来的にそのエージェントから仕事を受けられる可能性もあります。

通訳に関連する記事

通訳を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路