• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 「ハングル」能力検定試験

「ハングル」能力検定試験

「ハングル」能力検定試験

韓流ブームや日本企業の韓国進出にともない、受験者急増中。韓国語・朝鮮語の検定

1993年のスタート時から人気が高いが、ここ数年で特に受験者数が伸びている注目の検定。日本語を母国語とする人が感じる難易度を参考に、韓国語・朝鮮語学習者の達成度をはかる。韓国と北朝鮮のいずれの正書法による解答も認められる。試験のグレードは1級、2級、準2級、3~5級があり、それぞれ筆記試験と聞き取り・書き取りのテストを実施。また、1級については面接による2次試験が行われている。

「ハングル」能力検定試験の就職先

仕事で韓国語・朝鮮語を使うなら、2級以上のレベルが必要。上級資格取得者には通訳になる人もいるが、収入アップをめざすなら同時通訳レベル(1級相当)をめざしたい。

「ハングル」能力検定試験をとるには

「ハングル」能力検定試験の受験資格

制限なし。

「ハングル」能力検定試験の合格率・難易度

合格率
76%(5級)、79%(4級)、67%(3級)、29%(準2級)、10%(2級)、27%(1級)
※2013年11月10日実施(第41回)

資格団体

特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会
電話:03-5858-9101
URL:http://www.hangul.or.jp
「ハングル」能力検定試験を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

「ハングル」能力検定試験に関連する仕事・資格

「ハングル」能力検定試験を目指せる学校を探すならリクナビ進学