• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 実用フランス語技能検定試験

実用フランス語技能検定試験

実用フランス語技能検定試験

日本人のフランス語学習達成度を判定。準1級以上なら海外での活躍も

国際舞台で広く通用する言語として、さまざまな分野で需要の高いフランス語。実用フランス語技能検定は、「読む」だけでなく「書く」「聞く」「話す」という実践的な内容で日本人学習者の総合的なフランス語能力を判断する。日本のフランス語教育に合わせ、1級、準1級、2級、準2級、3~5級の7レベルがあり、文部科学省と在日フランス大使館文化部が後援している。

実用フランス語技能検定試験の就職先

日本の大学で、この資格を単位取得や編入学試験の参考にするケースが増えている。準1級以上なら、フランス語圏で働けるレベルであることを証明できる。近年、フランス企業の日本進出や、日本企業がフランスで事業を展開することが増えているので、フランス語力は仕事の上で武器となるだろう。

実用フランス語技能検定試験をとるには

実用フランス語技能検定試験の受験資格

制限なし。

実用フランス語技能検定試験の合格率・難易度

合格率
68.0%(4級)、62.8%(3級)、52.3%(準2級)、32.0%(2級)、23.4%(準1級)、11.4%(1級)
※2013年秋季実施分

資格団体

(財)フランス語教育振興協会
電話:03-6234-9381
URL:http://apefdapf.org
実用フランス語技能検定試験を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン
実用フランス語技能検定試験を目指せる学校を探すならリクナビ進学