• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ホテル・ブライダル
  • ウェディングプランナー
  • 仕事内容
ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーの仕事内容

「新規接客業務」「打ち合せ業務」「当日の運営業務」の3つが、ウエディングプランナーの主業務です。会場に勤務するウエディングプランナーの場合、広告やブライダルフェアなどを通じて自社の会場魅力を伝え、「ここで結婚式を挙げたい」とカップルに選んでもらうところからウエディングプランナーの仕事は始まります。打ち合せは、およそ結婚式の4カ月前から。式当日まで何度も打ち合せを行い、結婚式の詳細を詰めていきます。そして一番の大仕事である結婚式当日。手配しているすべてのものが届いているか確認し、会場全体に気を配り、シェフや披露宴会場でのサービススタッフなど各スタッフを動かしていきます。これらの仕事全体を通してひとりのウエディングプランナーが行うこともあれば、分業制で仕事を進めることもあります。

新規接客業務

新郎・新婦と共に最高の結婚式を作り上げていくことがウエディングプランナーの大切な仕事のひとつなのは間違いありませんが、そもそもお客さま(新郎・新婦)がいなければウエディングプランナーの仕事は成り立ちません。新規接客業務は、結婚式会場を探しに訪問してくれたカップルに「ここで結婚式をしたい!」と決めてもらう大切なお仕事です。多くの会場では週末や平日にブライダルフェアと呼ばれるイベントを開催しており、訪れたカップルに会場を案内したり、試食を楽しんでもらったりして、自社の会場の魅力をアピールしていきます。自社会場をもたないプロデュース会社で働く場合は、ふたりがイメージする結婚式に合った場所や演出を提案し、「あなたとなら理想の結婚式を作れそう」と思ってもらえるかが獲得を決める鍵に。希望の日取りや人数などをヒアリングし、見積りを作成することも、新規接客業務のなかでは大切なプロセスのひとつです。結婚式にいくらお金がかかるのかは多くのカップルが気にする点のため、カップルが他の会場やプロデュース会社と同時に検討しているのであれば、値引きをしたり特典をつけたり、他との駆け引きも重要になってきます。多数のライバル会社がそれぞれの魅力をアピールするなか、「この人にお任せしたい」と自分の魅力も感じてもらえるかどうかが、ウエディングプランナーの腕の見せどころです。

打ち合せ業務(初回)

結婚式当日の約4カ月前になると、いよいよ新郎・新婦との打ち合せが始まります。結婚式当日までの打ち合せは平均して6~7回程度。初回打ち合せでは、当日までのスケジュールの案内や、招待客に郵送する招待状の内容に関する提案・アドバイスを行います。初回打ち合せで何よりも重要になるのは、新郎・新婦を深く知ること。ふたりの馴れ初めや趣味嗜好を知らなければ「ふたりらしい結婚式」を提案することはできません。

打ち合せ業務(2~4回目)

招待状の準備が一段落したら、結婚式の内容を具体的に決めていくプランニングに入ります。新郎・新婦に十分にヒアリングを行い、希望する結婚式のイメージ、招待する人数や予算、挙式スタイル、披露宴のこだわりなどを把握し、それぞれに応じた提案を行い、結婚式の詳細(挙式スタイル、料理、ケーキ、披露宴演出、装花、衣裳、BGMなど)を詰めていきます。また、内容が決定したものから順次発注を行うのもウエディングプランナーの仕事です。

打ち合せ業務(5・6回目)

このころになると、招待客がほぼ確定します。招待客が決まれば、披露宴の席順を決めて席次表を作成し、引出物(新郎・新婦からゲストに贈られる品物)の手配を進めていきます。また、新婦のヘアメイクを打ち合せ、ヘアメイクリハーサルの日程を決定して美容担当に伝えるほか、「前撮り」といって結婚式の写真を事前に撮影することもあります。司会者を選定して、新郎・新婦と司会者との打ち合せまでくれば、結婚式の準備は大詰めです。

打ち合せ業務(最終)

最終打ち合せでは、これまでの打ち合せで決定してきた内容を新郎・新婦と一つひとつ確認し、発注の抜け漏れはないか、変更はないかなどを総チェックします。また、最終の見積り作成も行います。新郎・新婦のなかには、仕事と結婚式準備の両立で疲れてしまったり、うまくいくのだろうかと不安に思ったりする人も。ウエディングプランナーはそうしたふたりに寄り添い、常にリードしながらコミュニケーションをとることが大切です。

当日の運営業務

ウエディングプランナーの一番の大仕事、それは結婚式当日です。新郎・新婦のお出迎えから始まり、結婚式をタイムスケジュールどおりに進めていけるよう会場全体に気を配り、各スタッフを動かす「司令塔」の役割をしていきます。新郎・新婦が支度をしている間に、引出物やゲストの名前とテーブルが合っているかなど、スタッフたちと会場の最終チェックも綿密に行います。結婚式の間は、常に新郎・新婦のそばに寄り添い、次の動きの案内をします。結婚式が終わり、新郎・新婦と招待客全員をお見送りしたらウエディングプランナーとしての役割は完了です。


取材協力:SWEET ROSES CLUB OKAZAKI(スウィート ローゼス クラブ岡崎)ウエディングプランナー 幅泰葉さん

取材協力
SWEET ROSES CLUB OKAZAKI(スウィート ローゼス クラブ岡崎)ウエディングプランナー 幅泰葉さん

全国のオススメの学校

ウェディングプランナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路