• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • マスコミ・芸能
  • アナウンサー

アナウンサー

アナウンサー

わかりやすく美しい言葉で話し、伝える

ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

アナウンサーのやりがい

自分の声によってニュースや情報をたくさんの人々に伝えることがアナウンサーにとっての一番のやりがい。また、プロのアナウンス技術は一朝一夕に身につくものではないだけに、経験を重ねるなかで、自分の技術が向上していくのを周囲の評価などを通して実感できるのも魅力だ。また、表に出る仕事だけにテレビの視聴者やラジオのリスナーからの反響も大きく、それも日々仕事をするうえでの励みになる。

アナウンサーの就職先・働く場所

就職先として一般的なのはテレビ局かラジオ局。テレビ局はキー局のほかに多数の地方局があり、ラジオ局も地方FMなどを含めるとその数は非常に多い。そのほか、インターネット放送局などもある。また、放送局に所属せず、芸能事務所や番組制作会社と契約して仕事を得ているフリーアナウンサーもいる。放送局のアナウンサーは所属する局の番組にのみ出演するが、フリーアナウンサーは局を問わず番組単位で仕事をうけている。実力勝負の世界なので、局アナであっても競争は厳しい。

  • ラジオ局
  • テレビ局

アナウンサーの年収・給料・収入

まずフリーランスか会社員かで大きく違い、フリーランスの中でもキャリア、技術、人気によって個人差が大きい。

アナウンサーの将来の展望

テレビ、ラジオなどのメディアがある限り、確実にニーズがある仕事。最近ではコミュニティーFMやインターネット放送局なども増加傾向にあるので、活躍の場は広がっている。ただし、現状でもアナウンサーは非常に人気が高く、もともと大量採用される職種でもないため、狭き門であることは確か。今後もこの傾向は続いていくだろう。

アナウンサーになるには

大学・短大・専門学校の出身学科はあまり問われない職種。ただし、アナウンス技術を学ぶことができる学科やコースで学べば、基礎から実力を磨くことができるという点ではプラスだ。そのほか、大学などに通いながら、テレビ局などが主催するアナウンススクールに通う人も多い。テレビ局やラジオ局のアナウンサー採用では「原稿読み」などの試験もあるので、何らかのかたちで専門的なトレーニングを積んでおくのが望ましい。

アナウンサーの適性・求められる力

聞き取りやすい声、滑舌の良さなどは重要なポイント。また、カメラやマイクの前で多くの人に向かって話すことは大変なプレッシャーと責任をともなうので、度胸も大切だ。原稿をきちんと読めるよう、日本語や一般常識について幅広く理解していることも求められる。また、生放送でも慌てずに対応できる冷静さや瞬時の判断力、失敗にめげない精神力も必要となる。

アナウンサーの学校の選び方

アナウンサーとしての技術をしっかり磨きたいなら、専門学校などにアナウンサー養成に特化した学科・コースがある。また、大学・短大のメディア系の学科でもアナウンス技術が学べるところも。その場合は、放送局での現場実習の有無や内容などをチェックしておきたい。ただし、アナウンサーはアナウンス技術だけでなく、幅広い知識が求められる仕事なので、政治・経済・社会・文化・国際・語学などに関連する学科で教養を深めるという道もある。中にはマスコミ就職対策に力を入れている大学もあるので、大学選びの際には要チェックだ。

アナウンサーを目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

アナウンサーに関連する仕事・資格

アナウンサーを目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校 - レコーディングエンジニア - 2016/12/17~2016/12/23 - 愛知県名古屋市中区栄3-19-15
東京ビジュアルアーツ - ☆体験授業☆ 写真学科 写真上手になろう! - 2016/12/17~2016/12/23 - 東京都千代田区四番町11
名古屋ビジュアルアーツ - ミュージシャン・歌手・歌い手になる!12月の体験入学 - 2016/12/18~2016/12/25 - 愛知県名古屋市中区栄5-11-11