• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • イラストレーター

イラストレーター

イラストレーター

雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

イラストレーターのやりがい

イラストレーターのやりがいは、なんといっても自分の描いたイラストが世に出て、多くの人の目に触れるということです。特に描いたイラストの評価が高ければ、モチベーションも上がり、大きな満足を得られます。能力によっては、仕事が増え、それに伴って収入も増えていくのが、やりがいになります。また、フリーランスになれば、自宅で作業ができるうえ、ほとんどがネットでのやり取りで仕事ができるなど、自由度の高さも魅力になります。

イラストレーターの就職先・働く場所

イラストレーターのやりがいは、なんといっても自分の描いたイラストが世に出て、多くの人の目に触れるということです。特に描いたイラストの評価が高ければ、モチベーションも上がり、大きな満足を得られます。能力によっては、仕事が増え、それに伴って収入も増えていくのが、やりがいになります。また、フリーランスになれば、自宅で作業ができるうえ、ほとんどがネットでのやり取りで仕事ができるなど、自由度の高さも魅力になります。

  • 出版社
  • アトリエ

イラストレーターの年収・給料・収入

イラストレーターの年収は、個人差が大きく、その平均を算出した公式調査がないため、詳しくはわからないというのが実状です。特にフリーランスの場合は、年間数万円(兼業)から年間1000万円以上稼ぐ有名イラストレーターまで、まさに能力次第で、収入は大きく変動します。正社員としてゲーム会社やコンテンツ会社などで働く人は、社内規定に従い給与が支払われますが、業界全体的にやや安い傾向にあり、同年代のサラリーマンよりも低めといわれています。ただし、能力給を導入するゲーム制作会社などでは、能力に従って高給も夢ではなくなっているようです。会社によってはボーナスも支払われます。

イラストレーターの将来の展望

「ビジュアルの時代」といわれる現在、ソーシャルゲームのブームもあり、ウェブデザインやアニメーション、ライトノベルなどイラストレーターの需要は高いといいます。これまでイラストレーターの主要舞台だった、印刷媒体の書籍や雑誌などは発行部数が減少し、苦境にあるといいますが、新刊雑誌の数は増えており、人気が定着してきているフリーペーパーなどでも、イラストを重要視する傾向にあります。ただし、イラストレーターは、若い人に人気の職業でありながら、企業への就職の間口は狭く、フリーランスで活動する人が多い仕事です。業界で脚光を浴びるフリーイラストレーターになれば、高給と名声を手にできるため、夢をもってイラストレーターを目指す人が増えています。

イラストレーターになるには

イラストレーターになるには、特別な資格も必要なく、フリーランスとして活躍している人も多いので、「イラストレーターです」と名乗れば、誰でもなれるともいわれます。しかし、現実は甘くなく、問題はそれを仕事にできるかどうかです。イラストレーターになる王道は、芸術系の大学・短大、または専門学校のイラストレーション科などで基本となる技術を身につけて、デザイン会社などに就職しキャリアを積んだのちに独立し、フリーランスとなるというルートです。実力さえあれば、卒業後そのままフリーランスとなる道もあります。ただし、成功をつかむためには、プロとして認められる画力と営業力、コミュニケーション能力などが求められます。なお、イラストレーターに関連する資格もありますが、資格の有無を問われることは、あまりないといっていいでしょう。

イラストレーターの適性・求められる力

絵が好きなことはもちろん、色彩感覚や造形感覚に優れていることがイラストレーターには重要なスキルになります。さらに、デッサンなどの基本技術に加えて、独特な作風やセンス、時代感覚をもっていることも成功のポイントだといいます。そのためには、日々努力して自分を磨き続ける忍耐強さも必要になるでしょう。また、イラストレーターの仕事は、依頼主があって初めて成り立つもので、その要望を理解して表現できる能力も重要です。仕事にもよりますが、アートディレクターや編集者などとの共同作業もよくあることなので、コミュニケーション能力も必要になってきます。

イラストレーターの学校の選び方

イラストレーターになるためには、学歴は関係ないので、学校で学ぶのは技術を習得するためと、イラストレーターの世界を垣間見る・体験する、関係者とコネクションを作ることが重要な目的になります。高校からの主な進学先は、美術系大学(もしくは大学の芸術学部)、美術系短大、美術系の専門学校になります。大学や短大では美術を幅広く学ぶため、イラストレーター以外にも選択肢が広がりますが、専門学校では、コミックイラスト科などより専門的に学ぶため、即戦力として期待される反面、ほかにつぶしがきかない側面もあります。

イラストレーターを目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

イラストレーターに関連する学問

イラストレーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

日本デザイナー学院 - デザインノートをつくろう! - 2017/06/18 - 東京都渋谷区桜丘町4-16
東京デザイン専門学校 - 体験入学+奨学金説明会+保護者説明会 - 2017/06/11 - 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-8
HAL大阪 - 学校説明会 - 2017/06/03 - 大阪府大阪市北区梅田3-3-1