• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 図書館司書

図書館司書

図書館司書

本に関する情報整理の専門家

公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

図書館司書のやりがい

本に愛着をもっている人にとっては、好きな本に囲まれて毎日を過ごせること自体が大きな喜びだ。利用者の相談に乗って、本をすすめたり、探したりする仕事も楽しい。その結果、利用者に「ありがとう」と言ってもらえたり、少ない手がかりから苦労して目当ての本を見つけることができたりしたときにもやりがいを感じることができる。

図書館司書の就職先・働く場所

図書館の職員として働くのが一般的。図書館には、国立国会図書館、自治体などが運営する公立図書館、民間が運営する私立図書館、大学の図書館などがあり、それぞれ採用方法は違う。自治体が運営する公立図書館では、図書館司書の有資格者を対象に図書館職員の採用試験を行う場合もあれば、その他の職種と一緒に地方公務員試験を受けて、結果として図書館に配属される場合もある。小中高の学校図書館で働く場合は司書教諭の資格が求められるので注意。

  • 図書館

図書館司書の将来の展望

インターネットで多くの情報が入手できる今、図書館の社会的なニーズは低下しているのではと思う人もいるかもしれないが、実は逆。全国の図書館数や利用者数、1人当たりの貸し出し冊数などは増加傾向にある。高齢者の利用が伸びていることなどが要因で、今後も図書館のニーズは伸びていきそう。図書館司書の就職が厳しい状況は変わらないとはいえ、働く場が大きく減少するような心配はしなくてよさそうだ。

図書館司書になるには

図書館司書になるには、まず国家資格を取得するのが一般的。取得するには、大学・短大で図書館学に関連する必要な科目を履修して卒業するルートのほか、大学などが開講する司書講習を受講するルートもある。最終学歴が高卒以下の場合は、司書補講習を受講して司書補を目指し、3年以上の実務経験を積むと司書講習を受講できる。ただし、資格取得者数に対して求人は圧倒的に少ないので、すぐに就職できるとは限らない。募集をこまめにチェックしながら、ある程度気長に構えることも必要だ。

図書館司書の適性・求められる力

本の分類などに関する学問である図書館学を学んでいることは必須条件だ。日頃からきちんとルールを決めてものを分類したり整理したりすることが得意な人は適性が高い仕事といえる。また、本が好きであることは大前提だが、自分の好きなジャンルだけでなく、読んだことのない本や知らないジャンルに関しても積極的に興味を持てる好奇心も必要。また、図書館では子どもに本を読み聞かせるイベントも多いので、子ども好きであることなども実は大切な要素の一つだ。

図書館司書の学校の選び方

図書館司書の資格取得を目指すなら、司書養成科目を開講している大学・短大が候補になる。4年制大学は150以上、短期大学は50以上あるので、通いやすさなどを重視して選べばOK。なお、司書養成科目は所属している学部・学科に関係なく履修できるので、自分の好きな学科に進めば問題なし。ただ、文学作品やさまざまな文献に親しみ、知識を深めるという意味では文学部などが関連性が深い学部と言える。

司書教諭<国>

学校図書館の運営や読書指導を行う教員のための資格

小学校・中学校・高校・特別支援学校で、学校図書館の運営を担い、生徒たちに読書指導をする司書教諭として働くために必要な資格。合計12学級以上の学校には司書教諭を置くことが義務づけられています。なお、司書教諭は学校の先生が担当するものなので、小学校・中学校・高校・特別支援学校の教諭免許状も同時に必要になります。似たような仕事に「学校司書」がありますが、こちらは特に資格は必要ない、学校の事務職の一つです。

司書教諭<国>の就職先

全国の公立、私立の小学校、中学校、高校、特別支援学校。

司書教諭<国>をとるには

司書教諭<国>の受験資格

司書教諭は、大学や短大の司書教諭講習科目を履修し、必要な単位を修得すれば取得することができます。そのほか、司書教諭講習を受講することでも取得できますが、講習は、小学校・中学校・高校・特別支援学校のいずれかの教諭免許状を取得しているか、大学に2年以上在籍し、62単位以上修得している学生であることが受講の条件となっています。

司書教諭<国>の合格率・難易度

合格率

資格団体

文部科学省 初等中等教育局児童生徒課
電話:03-5253-4111
URL:http://www.mext.go.jp/
司書<国>

図書館で働く司書になるための資格

司書とは都道府県や市町村の公共図書館などで本を選び集めたり、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などをおこなう専門的な職員のこと。司書補は司書を補助する役割。司書・司書補になるには、1.司書講習を受講するか、2.大学・短大で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業する、ことなどが条件。司書・司書補の資格を取った後、図書館に採用されてはじめて司書・司書補として活躍できる。

司書<国>の就職先

都道府県や市町村の公共図書館など(国立国会図書館や学校図書館に勤めるには別の資格・試験の合格が必要)

司書<国>をとるには

司書<国>の受験資格

司書講習の受験資格は、大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか高等専門学校を卒業していることなど。

司書<国>の合格率・難易度

合格率

※講習で取得できる資格

資格団体

文部科学省
電話:司書(補)関係 生涯学習政策局社会教育課 図書館振興係 03(5253)4111(内線2970)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

図書館司書に関連する仕事・資格

図書館司書に関連する学問

図書館司書を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路