• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ミュージシャン・演奏家
  • ピアノ調律師

ピアノ調律師

ピアノ調律師

ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者

家庭や学校に出向いて、ピアノの調律・保守を専門に行う技術者。音楽的原理に基づいた基本的な音程をつくる調律、最もよい状態で音が出る楽器に仕上げるための整調、イメージ通りの微妙な音色を創り出す整音の作業を行う。部品交換などの修理も仕事の一つ。

ピアノ調律師のやりがい

自分が調律したピアノがイメージどおりの音を奏でたときが、ピアノ調律師が満足感を覚える瞬間。ピアノの持ち主や演奏者から、調律の技術を褒められたり、感謝されたりすることも多い。音に対する繊細な感覚が求められる専門性の高い仕事なので、専門家として自信をもって取り組める点もやりがいにつながる。さらに、経験を重ねるほど技術が磨かれていくので、自分の成長を日々の仕事のなかで実感できるのも魅力だ。

ピアノ調律師の就職先・働く場所

就職先はピアノのメーカーや販売会社のメンテナンス部門、ピアノ修理工場、ピアノ調律専門会社など。腕を磨けばフリーランスで活躍することも可能な仕事だ。主な仕事場は、ピアノが置いてあるコンサートホールやライブ会場、学校、一般家庭など。修理が必要なピアノは工場・工房に運んで調律することもある。

  • コンサート会場
  • 楽器メーカー
  • 楽器店
  • 音楽スタジオ

ピアノ調律師の将来の展望

ピアノ販売台数は長期的に減少が続いている。小売店の減少や少子化の影響などが大きく、今後もこの傾向は続いていきそう。ただし、ピアノという楽器のニーズがなくなることは考えにくいので、減少はしつつもピアノ調律師の活躍の場はあり続ける。このような見通しを踏まえると、学校や現場での修業時代、さらに実務を通して、しっかりとした技術を身につけることがより大切になっていきそうだ。

ピアノ調律師になるには

ピアノ調律師には、ピアノ調律技能士という国家資格があるが、経験者の技術を認定するもので、もっていなくても就職はできる。未経験からピアノメーカーや販売会社、調律専門会社などに就職して、現場で基礎から仕事を教わることも可能だ。まず学校で基礎を習得したい場合は、音楽大学や音楽系専門学校の調律科で学び、就職活動をする。

ピアノ調律師の適性・求められる力

音楽やピアノが好きなことは大切な条件。もちろんピアノの種類や構造に関する専門的な知識も必須だ。音叉やチューナーなどを使うので絶対音感は必要ないが、一つの音に含まれる倍音と呼ばれる細かな響きを聞き分ける耳の良さは必要。また、ピアノに数百個あるネジを外したり、左手を広げて1オクターブの音を同時に出したりするので、ある程度の体力や握力も求められる。

ピアノ調律師の学校の選び方

ピアノ調律師養成を目的とした学科などを設けている大学、専門学校はそれほど多くない。演奏家ではなくピアノ調律師になることが目標なら、専門学校のピアノ調律科やピアノメーカーが運営する調律師養成学校に進むのが一般的。音楽理論や演奏技術についても幅広く学びたい場合は専門学校がベター。

ピアノ調律師を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

ピアノ調律師に関連する仕事・資格

ピアノ調律師に関連する学問

ピアノ調律師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

中部楽器技術専門学校 - 新高1~3・再進学・社会人【ピアノ調律科】 - 2017/05/13 - 愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
中部楽器技術専門学校 - 新高3・再進学・社会人 限定!【ギタークラフトコース】 - 2017/05/20~2017/05/21 - 愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
中部楽器技術専門学校 - 新高3・再進学・社会人 限定!【管楽器リペア科】 - 2017/05/20~2017/05/21 - 愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6