• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

グラフィックデザイナーのやりがい

グラフィックデザイナーの大きな役割は、伝えたいことをいかにデザインで表現するかということ。どのような書体を使うか、色はどうするか、写真の雰囲気はどうするかなど、試行錯誤を繰り返し、依頼主とのやりとりを重ね、時間をかけてひとつのデザインを完成させます。そのため、深夜まで仕事をしなくてはならないこともありますが、苦労して完成したデザインが、依頼主や読者の心に届いたときに、やりがいやよろこびを感じ、忙しい毎日の原動力になるという人が多いようです。

グラフィックデザイナーの就職先・働く場所

グラフィックデザイナーとしてどのような仕事に携わるかは、就職先によって異なります。広告代理店や広告制作会社に入社すれば、広告関連の仕事を多く手がけることになりますし、雑誌やカタログなどの制作を請け負うデザイン事務所に就職すれば、幅広い仕事にチャレンジすることもできます。また、会社で経験を積んだ後、フリーランスとして独立する場合もあります。

  • 出版社
  • 出版関連制作プロダクション
  • 広告代理店
  • 印刷会社

グラフィックデザイナーの年収・給料・収入

グラフィックデザイナーの収入は、働き方や働く場所によって異なります。広告代理店や制作会社に就職した場合は、企業規模が大きいほうが収入も多くなる傾向があるようです。また、個人デザイナーによる小さなデザイン事務所では、仕事を覚えられる機会は多いものの、収入はあまり期待できないことも。また、独立してフリーランスになれば、労働時間は同じでも、会社勤めをしていたときよりも多く報酬を得られる場合もありますが、仕事のやり方によって収入の差が大きく出るようです。

グラフィックデザイナーの将来の展望

時代の流れとともに、グラフィックデザイナーに求められる役割も変化してきています。これまでは雑誌やカタログなどの紙媒体が主流でしたが、スマホやタブレットの普及に伴い、ウェブ媒体に注目が集まっていることから、ウェブデザイナーのような仕事を依頼されることも増えてきているようです。さまざまな仕事に対応できるようなスキルを磨いておくことは、グラフィックデザイナーとして働き続けるためにも必要だといえるでしょう。

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるためには、特別な資格は必要ありません。とはいえ、グラフィックソフトの扱い方など、基本的なスキルを身につけていなければ、会社に就職することはむずかしいでしょう。そのため、現在グラフィックデザイナーとして活躍している人のほとんどが、大学や短大、専門学校でデザインを学び、卒業後に広告代理店や制作会社、デザイン事務所などにグラフィックデザイナーとして採用されています。

グラフィックデザイナーの適性・求められる力

グラフィックデザイナーとして仕事をするためにまず必要なことは、グラフィックソフトを使いこなし、実務作業をスムーズに行えること。さらに、視野を広げて感性を磨くことや、伝えたいことを表現するための最善の表現方法を常に探す姿勢なども、クリエイターとして重要です。また、さまざまな立場の人とかかわり合いながら仕事を進めるため、社会人としての一般常識を心得ておくなど、コミュニケーション能力の高さも求められます。

グラフィックデザイナーの学校の選び方

グラフィックデザイナーとして働くためには、公的な資格などは必要ありませんが、大学や短大、専門学校に進学し、デザインの基礎を身につけておくとよいでしょう。就職面では、大学でデザインを学んだ人が有利に働くこともあるようです。特に大手広告代理店や一部のデザイン事務所などでは、美術系の大学へ進学し、グラフィックデザインの技術と理論を総合的に学んだ人を採用する傾向にあります。早く社会に出て、実践を積むなかでデザインスキルを磨きたいと考えるなら、短大や専門学校で2年間集中的に学ぶのもよいでしょう。

POP広告クリエイター技能審査試験

消費者の心をつかみ、商品の購買意欲を高めるためのPOP広告を作る

さまざまな店やスーパーで見かける「大特価」「記念セール」などと描かれているカードやポスター。これらはPOP広告と呼ばれ、さまざまな書体の文字やイラストを使って商品の特色を消費者にアピールし、購買意欲を高めようというもの。そうしたPOP広告を制作する技能を認定するのがこの資格。試験は年2回実施され、資格の主催団体である(社)公開経営指導協会が行う通信講座で4ヵ月ほど勉強してから受験する人も多い。

POP広告クリエイター技能審査試験の就職先

スーパー、小売店、デザイン事務所などで働く。実力があればフリーランスで活躍することもできるだろう。パソコンによるPOP広告作成も増えているので、パソコンのグラフィックソフトなどを操作する技能も身につけておきたい。

POP広告クリエイター技能審査試験をとるには

POP広告クリエイター技能審査試験の受験資格

資格制限はないが、実務経験の目安は1年程度以上か、専門学校等でPOP広告作成に関する学習をしているレベルの能力が必要とされている。

POP広告クリエイター技能審査試験の合格率・難易度

合格率
74.9%
※2014年2月実施分(第55回)

資格団体

(一社)公開経営指導協会
電話:03-3542-0306
URL:http://www.jcinet.or.jp/

グラフィックデザイナーに関連する学問

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

あいち造形デザイン専門学校 - G 造形デザインコース - 2017/03/11 - 愛知県あいち造形デザイン専門学校
埼玉コンピュータ&医療事務専門学校 - ♪サイバーセキュリティ&IT専門資格取得コース 体験入学♪ - 2017/03/05 - 埼玉県さいたま市大宮区上小町1450-3
HAL大阪 - AO入学説明会 - 2017/03/21~2017/03/22 - 大阪府大阪市北区梅田3-3-1