やりたいことを見つけよう!

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

広告やポスターなど印刷物をデザインする

雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

グラフィックデザイナーの働く場所

  • 出版社
  • 出版関連制作プロダクション
  • 広告代理店
  • 印刷会社

グラフィックデザイナーになるには

POP広告クリエイター技能審査試験

消費者の心をつかみ、商品の購買意欲を高めるためのPOP広告を作る

さまざまな店やスーパーで見かける「大特価」「記念セール」などと描かれているカードやポスター。これらはPOP広告と呼ばれ、さまざまな書体の文字やイラストを使って商品の特色を消費者にアピールし、購買意欲を高めようというもの。そうしたPOP広告を制作する技能を認定するのがこの資格。試験は年2回実施され、資格の主催団体である(社)公開経営指導協会が行う通信講座で4ヵ月ほど勉強してから受験する人も多い。

POP広告クリエイター技能審査試験の就職先

スーパー、小売店、デザイン事務所などで働く。実力があればフリーランスで活躍することもできるだろう。パソコンによるPOP広告作成も増えているので、パソコンのグラフィックソフトなどを操作する技能も身につけておきたい。

POP広告クリエイター技能審査試験をとるには

POP広告クリエイター技能審査試験の受験資格

資格制限はないが、実務経験の目安は1年程度以上か、専門学校等でPOP広告作成に関する学習をしているレベルの能力が必要とされている。

POP広告クリエイター技能審査試験の合格率・難易度

合格率
74.9%
※2014年2月実施分(第55回)

資格団体

(一社)公開経営指導協会
電話:03-3542-0306
URL:http://www.jcinet.or.jp/

グラフィックデザイナーに関連する学問

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならリクナビ進学