やりたいことを見つけよう!

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

広告やポスターなど印刷物をデザインする

雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

グラフィックデザイナーのやりがい

例えば広告なら、クライアント(仕事を依頼した企業)や広告プランナーが求めるイメージ、見る人に伝えたいメッセージを、的確にビジュアル化できるかがグラフィックデザイナーの腕の見せどころ。雑誌や書籍でも基本その点は同じ。目的に合致したデザインができたときこそグラフィックデザイナーが手ごたえを感じる瞬間だ。もちろん、自分がデザインしたものが世の中や業界内で話題になったり、評価されたりしたときにも大きなやりがいを感じることができる。

グラフィックデザイナーの働く場所

広告制作会社、広告代理店、出版社、グラフィックデザイン事務所、編集プロダクションなどが主な就職先。広告や出版物の制作は、これらの会社が協力して行うことが多いので、どの職場で働いていても、編集者や広告プランナー、カメラマン、イラストレーターといった専門家たちと連携して仕事をするのは同様。若手のうちは、アシスタントとして経験を積むことが多い。業界の仕事の流れを理解し、腕を磨けば独立して活躍することも十分可能だ。

  • 出版社
  • 出版関連制作プロダクション
  • 広告代理店
  • 印刷会社

グラフィックデザイナーに求められる力

美的センス、色彩感覚、デザインに関する各種技法などは必須。また、InDesign(DTPソフト)、Illustrator(画像ソフト)、Photoshop(写真加工ソフト)の操作技術も必要不可欠だ。それに加えて、デザインする広告や雑誌記事の企画意図を正確に理解するため、広告制作・雑誌制作の全体像や業務の流れを理解しておくことも大切。また、さまざまな職種のスタッフと相談しながら仕事を進めるので、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も重要になる。

グラフィックデザイナーの年収

平均給与29万3200円/月 ※年間賞与その他特別給与額48万5600円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

グラフィックデザイナーになるには

大学・短大・専門学校の美術・デザイン系の学科・コースで学ぶのが一般的。グラフィックデザインは必要とされる専門知識・技術が多いので、就職の際にどんな学科で何を学んできたか、どこまで技術を習得しているかはしっかりと問われる。ほかの学科・コースからの就職は、可能性はゼロではないものの、不利なのは確か。学生の間に、作品制作を重ねながら実践力を磨いていくことがポイントになる。大学を卒業後はグラフィックデザイン事務所などに就職して、さまざまな仕事を経験しながら腕を磨いていく。

グラフィックデザイナーの将来展望

デザインの仕事は主に紙媒体を扱うグラフィックデザイン、Webを扱うWebデザイン、モノを扱うプロダクトデザインなどに分かれており、このうち紙媒体は、デジタルメディアが多様化するなかで今後の成長は期待しにくいといわれている。ただし、そうはいっても紙媒体が急速になくなることも考えにくく、勉強すればWebデザインに対応することも可能。核となるデザイン力がしっかりしていれば、そう心配することはなさそうだ。

グラフィックデザイナーの学校選びはココをチェック

大学・短大・専門学校の美術・デザイン系の学科・コースで学ぶのが王道。大学や一部の短大では、グラフィックデザインに加えて、その他のデザインや美術についても幅広く学び、手で絵を描く技術も基礎からしっかり習得できるところが多い。専門学校は、より広告制作の現場で必要とされる実務スキルの習得に力を入れているのが一般的。また、学校が持っているパイプが就職にも影響するので、卒業生の進路や就職率もしっかりチェックしておこう。

POP広告クリエイター技能審査試験

消費者の心をつかみ、商品の購買意欲を高めるためのPOP広告を作る

さまざまな店やスーパーで見かける「大特価」「記念セール」などと描かれているカードやポスター。これらはPOP広告と呼ばれ、さまざまな書体の文字やイラストを使って商品の特色を消費者にアピールし、購買意欲を高めようというもの。そうしたPOP広告を制作する技能を認定するのがこの資格。試験は年2回実施され、資格の主催団体である(社)公開経営指導協会が行う通信講座で4ヵ月ほど勉強してから受験する人も多い。

POP広告クリエイター技能審査試験の就職先

スーパー、小売店、デザイン事務所などで働く。実力があればフリーランスで活躍することもできるだろう。パソコンによるPOP広告作成も増えているので、パソコンのグラフィックソフトなどを操作する技能も身につけておきたい。

POP広告クリエイター技能審査試験をとるには

POP広告クリエイター技能審査試験の受験資格

資格制限はないが、実務経験の目安は1年程度以上か、専門学校等でPOP広告作成に関する学習をしているレベルの能力が必要とされている。

POP広告クリエイター技能審査試験の合格率・難易度

合格率
71.70%
※2013年2月実施分(第53回)

資格団体

(社)公開経営指導協会
電話:03-3542-0306
URL:http://www.jcinet.or.jp/

グラフィックデザイナーに関連する学問

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならリクナビ進学