• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー
  • 就職先・活躍できる場所は?
グラフィックデザイナーの就職先・活躍できる場所は?

グラフィックデザイナーの就職先・活躍できる場所は?

グラフィックデザイナーとしてどのような仕事に携わるかは、就職先によって異なります。広告代理店や広告制作会社に入社すれば、広告関連の仕事を多く手がけることになりますし、雑誌やカタログなどの制作を請け負うデザイン事務所に就職すれば、幅広い仕事にチャレンジすることもできます。また、会社で経験を積んだ後、フリーランスとして独立する場合もあります。

広告代理店・制作会社

広告代理店とは、新聞、テレビ、雑誌などのメディアと広告を出す企業(依頼主)とをつなぐ仲介役。依頼主に広告枠を販売するだけではなく、広告の企画・制作を行っている場合もあります。大手の広告代理店であれば社内に制作部をもっていることも多いようです。
また、広告の仕事をメインに受注する制作会社もあります。依頼主から直接仕事を依頼されることもありますが、広告代理店の子会社として運営されている会社もあります。
広告代理店の制作部や制作会社でグラフィックデザイナーとして採用された場合、キャリアを積むにつれ、アートディレクターやクリエイティブディレクターといった、制作全体を取り仕切る役職に就く場合もあります。

デザイン事務所

グラフィックデザインに特化したデザイン事務所は、個人デザイナーが立ち上げる場合もあり、比較的小規模の会社が多いようです。
広告を制作したり、出版社から依頼を受けて雑誌のレイアウトや書籍の装丁をしたり、メーカーから依頼を受けてパッケージやカタログのデザインをしたり、仕事の内容はさまざまです。

フリーランス

広告代理店の制作部や制作会社、デザイン事務所などである程度経験を積んだ後独立し、フリーランスとして働く人も多いようです。フリーランスを希望するなら、まずは会社に就職し、与えられた仕事をひとつずつていねいにこなしながら、社会人としての経験を積むことが大切。そうすることで自然と実力と人脈ができ、フリーランスになっても仕事を続けていくことができるでしょう。

取材協力
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

全国のオススメの学校

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路