• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー
  • なるには
やりたいことを見つけよう!

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるためには、特別な資格は必要ありません。とはいえ、グラフィックソフトの扱い方など、基本的なスキルを身につけていなければ、会社に就職することはむずかしいでしょう。そのため、現在グラフィックデザイナーとして活躍している人のほとんどが、大学や短大、専門学校でデザインを学び、卒業後に広告代理店や制作会社、デザイン事務所などにグラフィックデザイナーとして採用されています。

大学や短大、専門学校でデザインを学ぶ

グラフィックデザイナーを志望するなら、美術系の大学や短大、専門学校へ進学し、グラフィックデザインを基礎から学ぶのが一般的です。
大学では造形表現全般の基礎となるような、デッサンや理論などを学びながら、グラフィックデザインの技術を磨きます。また、3~4年次には自分の研究テーマを決め、卒業制作を完成させます。大手の広告代理店や制作会社、デザイン事務所では、大卒以上の学歴がある人を採用することも多いので、そういった会社への就職を希望する場合は、大学への進学を考えておくとよいでしょう。
短大や専門学校は、大学よりも学ぶ年数が短いため、より実践的な内容のカリキュラムが組まれているようです。社会に出ても即戦力となれるよう、グラフィックソフトの使い方を学んだり、仕事を想定した課題をこなしたり、2年間集中的に勉強をします。

感性を磨く

グラフィックデザイナーとして仕事を続けていくうえで、技術的なスキルを磨くことはもちろん、時代の流れを敏感にキャッチできる鋭い感性を育むことも必要です。そのためには、美術館やギャラリーを訪れたり、写真集や画集など、国内外のアーティストの作品を目にしたり、日頃から積極的にさまざまな表現方法に触れるのも、ひとつの方法です。また、大学や専門学校などで出会う講師やクラスメイトからも、大きな刺激を受けることでしょう。社会人になると、日々の仕事に追われて、なかなか自分の時間を取れないこともあるので、学生の間に、時間が許す限りさまざまな場所へ出かけ、視野を広げるのもよいでしょう。


取材協力:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

グラフィックデザイナーに関連する学問

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路