• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー
  • 必要な試験と資格は?
グラフィックデザイナーの必要な試験と資格は?

グラフィックデザイナーの必要な試験と資格は?

グラフィックデザイナーになるための資格や免許は特にありませんが、基本的なグラフィックソフトが使えることは、就職をする時の必要最低条件です。取得していれば就職に有利になるというわけではありませんが、民間ではさまざまなデザイン系の資格試験を実施しています。資格取得のために勉強することは、もちろんスキルの向上にもつながりますし、自分のスキルはどの程度なのかを知ることもできるでしょう。

詳細

ここで紹介する資格は、グラフィックデザイナーになるために必要な資格ではありませんが、自分のスキルの確認や、スキルの向上などの目的で受験するのもよいでしょう。

アドビ認定エキスパート(ACE)

Photoshop(R)やIllustrator(R)など、グラフィックデザインに欠かせないソフトを開発、販売するアドビが行っている資格試験。同社のソフトウェア製品に関して、専門的な知識と技能をもつことを証明するための試験です。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshop(R)とは、画像を加工したり調整したりする、グラフィックデザインには欠かせないアドビ社のソフトです。サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催するこの試験では、Photoshop(R)の編集能力を測定します。
試験は2種類あり、エキスパートに合格すると、依頼主のニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる証明になり、スタンダードに合格すると、指示どおりの作業を正確かつ合理的に行うことができる証明になります。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Illustrator(R)とは、図形やイラスト、文字などをオリジナルで作成するための、グラフィックデザインには欠かせないアドビ社のソフトです。サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催するこの試験では、Illustrator(R)を使用したグラフィックコンテンツの制作能力を測定します。
上記のPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験と同様に、試験はエキスパートとスタンダードの2種類があります。

DTPエキスパート認証試験

DTPとはDesk Top Publishingの略で、パソコンでデータを作成し印刷をすることです。公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)主催の認証試験では、デザイナー、編集者、DTPソフトを使って印刷物のレイアウトを行うオペレーターなど、DTPにかかわるさまざまな職種の人々が印刷の基礎知識、DTPやコンピュータ関連知識を習得することで、よりよい印刷物を制作することを目指しています。

取材協力
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

全国のオススメの学校

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路