• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー
  • 仕事内容
やりたいことを見つけよう!

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーは、雑誌や広告、ポスター、カタログ、書籍の装丁、商品のパッケージなど、主に紙媒体を中心にデザインをする仕事です。制作物によって仕事の流れは多少異なりますが、一般的には依頼主から依頼を受けて、デザイン制作をします。ひとつの制作物を作り上げるには、依頼主としっかり打ち合わせをして、制作物を通して何を伝えたいかという依頼主の意向を理解したうえで、デザインしていきます。

詳細

グラフィックデザイナーの仕事にはさまざまありますが、カタログやポスターなどの広告制作や、雑誌や書籍などのデザインを手がけるエディトリアルデザインが主流です。それぞれの一般的な仕事の流れを紹介します。

広告を制作する場合

・オリエンテーション
依頼主(メーカーなどの企業や広告代理店など)から請け負う仕事について企画の説明などを受けます。
依頼主はグラフィックデザイナーやアートディレクター(制作を取り仕切る役割をもつ人)などの制作スタッフに対し、商品の特徴やターゲット層などについて詳しく説明します。そして、広告はどのような雰囲気のデザインにしたいかという意向を伝えます。写真撮影をするかどうかなど、制作の方法についても決めていきます。
・デザイン案の制作
必要に応じて撮影などをし、写真やイラストレーション、テキストなどの素材がそろったら、デザイン案を制作します。A案、B案など何パターンか依頼主に提出し、打ち合わせを重ねながらデザインを仕上げていきます。
・印刷会社に入稿する
デザインが決まったら、印刷会社にデータを入稿(原稿やデザインのデータを印刷所に渡すこと)します。色校正紙(色味を確認するためにデータを印刷したもの)が出てきたら、依頼主にも渡し、実際に印刷したときの色味などを確認します。問題があれば赤字修正を入れて印刷会社に戻し、場合によっては再び色校を出してもらいます。問題がなければ印刷に回し、刷り上がりを待ちます。

雑誌のデザインをする場合

・仕事の受注、打ち合わせ
出版社から仕事の依頼を受けたら、編集担当者と打ち合わせをします。雑誌の場合、一冊丸ごとデザインを担当する場合もあれば、ある程度のまとまりで仕事を受ける場合もあります。特集の内容やどのような雰囲気に仕上げたいかなどを打ち合わせし、場合によっては、撮影方法をアドバイスしたり、カメラマンやイラストレーターなどの外部スタッフを推薦したりします。
・デザインを提出する
写真やテキストなどの素材がそろったら、編集者の意向をもとに、デザインを組んでいきます。でき上がったら編集担当者にデータを送り、修正指示があれば直して提出します。
・印刷会社に入稿する
デザインができ上がったら印刷会社に入稿するデータを用意し、編集担当者にわたします。印刷会社への入稿は編集担当者が行うことが多いようです。印刷会社から色校が上がったら確認し、修正点を明記して編集担当者に戻します。


取材協力:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

グラフィックデザイナーに関連する学問

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路