• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • イラストレーター
  • やりがいを聞いてみよう
イラストレーターのやりがいを聞いてみよう

イラストレーターのやりがいを聞いてみよう

イラストレーターのやりがいは、なんといっても自分の描いたイラストが世に出て、多くの人の目に触れるということです。特に描いたイラストの評価が高ければ、モチベーションも上がり、大きな満足を得られます。能力によっては、仕事が増え、それに伴って収入も増えていくのが、やりがいになります。
また、フリーランスになれば、自宅で作業ができるうえ、ほとんどがネットでのやり取りで仕事ができるなど、自由度の高さも魅力になります。

好きなことで収入が入る

イラストレーターになった人の多くが「絵を描くことが好き」と言います。当然なことですが、プロとしてお金がもらえるイラストを描くことは難しいことです。そのため、好きなことを仕事にできるということが一番のやりがいであるという声は多く聞かれます。

イラストが人に影響を与える

自分の描いたものが世の中に発信され、それが見る人に影響を与えることも大きなやりがいの一つのようです。商品パッケージやカタログのイラストを手がけ、そのイラストがきっかけで購入につながったり、自分のイラストで喜んだり心を和ませてくれる人がいたりと、イラストへの反響を耳にしたときにやりがいを感じるという声もあります。

報酬以上の喜び

依頼があって初めて仕事になるので、基本的には依頼主の要望に沿ったイラストを描くのがイラストレーターの仕事です。そのため自分の個性やアイデアを前面に出したイラストを手がける機会は多くありません。それでも、「あなたのイラストがイメージにぴったりです」、「今回はあなたに頼みたい」と名指しで依頼があり、自分のイラストや個性が認められたときは報酬以上の大きな喜びを感じるようです。

あこがれが現実に

子どもの頃から好きだったアニメのキャラクターのイラストを本で手がけることになった、あこがれていた作家とエッセイの挿絵で一緒に仕事をすることができた、などそれまで好きだったものや人に近付くことができたという声も聞かれます。仕事をしている間は緊張感をもちつつも、楽しく取り組むことができるのも、大きなやりがいになっているようです。

全国のオススメの学校

イラストレーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路