• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • 学芸員

学芸員

資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員
博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。
学芸員
学芸員<国>

学芸員

博物館で働く学芸員になるための資格
学芸員とは、博物館で資料の収集や保管、展示、調査研究などをおこなう専門的な職員のこと。学芸員補は学芸員を補助する役割。学芸員になるには、大学・短大で博物館に関する単位を修得するか、文部科学省がおこなう資格認定試験の合格が条件。学芸員や学芸員補の資格を取った後、博物館に採用されてはじめて学芸員や学芸員補として活躍することができる。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
学芸員になるには

学芸員になるには

学芸員になるには、まず学芸員資格を取得することが必須で、大学や短大で文部科学省が定める博物館に関する科目の単位を取ることが、一般的な方法です。その場合、大学を卒業すると得られる学士の学位も必要になります。ただし、大学によっては、学芸員資格修得に必要な科目が開講されていない場合もあるので、確認をしておきましょう。また、学生時代に自分の専門分野の知識を深める努力も忘れてはなりません。さまざまな博物館を見学するなどして、将来学芸員になったときのビジョンをもつようにするのも就職活動をする時に役立つでしょう。

学芸員の学校の選び方

POINT
学芸員になるためには、学芸員資格を取得することが必須です。現在学芸員として働いている多くの人も大学に進学し、学芸員資格の取得に必要な博物館に関する科目の単位を修得することで、学芸員資格を取得しています。短大へ進学した場合でも、必要な科目の単位を取り、学芸員補としての経験を積めば、学芸員資格を得ることができます。ただし、すべての大学・短大で博物館に関する科目を開講しているわけではありませんので、注意しましょう。

学芸員の求められる人物は?適性を知る

POINT
学芸員の基本は専門分野の研究を行うことですが、博物館の規模によっては、学芸員一人でさまざまな業務を行う必要があります。常に新しい情報を得ようとすること、人と積極的にかかわること、事務的な作業をこなせることなど、学芸員に求められるスキルは多岐にわたります。いずれにしても学芸員という仕事への熱意をもち続けることがすべての基本となります。事務的作業をこなす必要が出てくる場合もありますが、博物館の質は学芸員の力量によって左右されるといっても過言ではありません。

学芸員の必要な試験と資格は?

POINT
学芸員として働くには、学芸員資格を取得することが必須となります。そのためには、大学や短大で博物館に関する科目を履修し、必要な単位を取らなければなりません。大学であれば、科目を履修していれば卒業と同時に学芸員資格を取得でき、短大であれば卒業後に学芸員補として3年以上の実務経験を積むことで取得できます。そのほか、大学や短大で学芸員資格を取得する以外の方法として、文部科学省が行う学芸員資格認定の試験に合格することでも得ることができます。
学芸員の仕事内容

学芸員の仕事内容

「博物館法」という法律では、学芸員は「博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業を行う」と定められています。学芸員というと、歴史や美術などの専門分野の研究者というイメージが強いかもしれませんが、あらゆる分野で活躍しています。確かに研究は学芸員の基本的な仕事ですが、展示などを通じて、一般の人々に学ぶ機会を提供することも重要な仕事です。そのほか、標本や模型、文献などの資料を収集したり、資料を後世に伝えていくために保管する環境を整えたり、毎日幅広い仕事をこなしています。

学芸員の気になる?年収・給料・収入

POINT
博物館の数が限られているため、学芸員の募集が少ないことなどの理由から就職が難しく、さまざまな業務をこなすための高いスキルが要求される学芸員ですが、そのお給料は実際に働いている学芸員からすると、少ないと感じる場合が多いようです。給与体系は博物館を運営する母体によって異なるため、一概には言えませんが、各自治体で運営している公立博物館は、給与体系もその自治体に従うことが多いようです。また、最近では非正規(期限付き)での採用も増えているので、どの程度の給与なのか、待遇面はどうなのかなど、募集要項できちんと確認をしましょう。

学芸員の就職先・活躍できる場所は?

POINT
学芸員の主な就職先は博物館です。博物館というと歴史系博物館が代表的ですが、科学博物館や美術館、水族館、動物園なども法律上では博物館として位置づけられており、さらに専門的な博物館もあります。就職するには、各博物館で行われている採用試験に合格する必要があります。試験の内容はそれぞれ異なりますが、筆記試験と面接が行われることが多いようで、近年では実技試験も増えてきています。
  • 美術館

学芸員のズバリ!将来性は?

POINT
学芸員になりたいという人は多くいますが、博物館の数は限られているため、学芸員の募集人数が少なく、就職はきびしいのが現状です。このような中で学芸員の職に就くために、大学院に進学して専門性を高めたり、インターン制度を利用して博物館で現場での経験を積んだり、地道な努力をしている人も多いようです。定期的に募集がある職種ではないので、大学の就職課の掲示板や各博物館のホームページなどをこまめにチェックし、いつでも応募できるようにしっかり準備をしておきましょう。

先輩たちにも聞いてみよう

学芸員として働く佐原 慧さん
工夫を凝らした展示を通して、寒川の町の歴史や良さをたくさんの人に伝えていきます。
皇學館大学 文学部 国史学科文化財コース 卒業
佐原 慧さん
学芸員として働く平河内 毅さん
学芸員として経験を積み、将来は北海道の歴史に精通した考古学者として活躍したい!
札幌国際大学 人文学部 現代文化学科 卒業
平河内 毅さん
学芸員として働く池田 和俊さん
この博物館を地域のコミュニティスペースにしていきたいです。
千葉経済大学 経済学部 経済学科 卒業
池田 和俊さん

学芸員のやりがいを聞いてみよう

学芸員として働いている人の多くは、自分の専門分野の研究を仕事として続けられることに喜びを感じているようです。また、研究だけではなく、その成果を発表する機会でもある展示は、学芸員にとって非常に難しく頭を悩ませますが、やりがいのある仕事の1つでもあります。来場者が、自分の伝えたいことを理解し楽しんでくれたと実感できたときに、学芸員として達成感が得られ自信につながる人が多いようです。

学芸員の志望動機を教えて!

狭き門をくぐり抜け、学芸員として働くためには、自分の好きな分野の研究を続けていきたいという強い思いをもち続けることが、原動力になります。さらに、教育機関でもある博物館で働くことに誇りと責任をもち、日々の研究の成果を多くの人たちに伝えるための活動を積極的に行いたいという意志があるかどうかも大切です。まずはこの2点を自分に当てはめ、なぜ学芸員を志望するのか、学芸員になって何をしたいのかを改めて考えてみましょう。
取材協力
公益財団法人 日本博物館協会
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
学芸員<国>の就職先

学芸員<国>の就職先

全国の博物館、美術館
学芸員をとるには

学芸員<国>をとるには

学芸員<国>の受験資格

試験認定と審査認定があり、試験認定の場合は、学士の学位を有する者、大学に二年以上在学して六十二単位以上を修得した者で二年以上学芸員補の職にあった者、教育職員免許法第二条第二項に規定する教育職員の普通免許状を有し、二年以上教育職員の職にあった者、四年以上学芸員補の職にあった者など

学芸員<国>の合格率・難易度

合格率
60%(筆記試験合格者)、53.8%(審査認定)
※2015年度

資格団体

文部科学省
電話:生涯学習政策局社会教育課 博物館振興係 03-5253-4111(内線2093)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/main14_a1.htm
目指せる仕事・資格

学芸員を目指せる資格

学芸員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

京都伝統工芸大学校 - 工芸体験キャンパス2017 - 2017/08/05~2017/08/23 - 京都府京都府南丹市園部町二本松1-1
京都伝統工芸大学校 - 1泊2日工芸体験ツアー2017 - 2017/08/22 - 京都府京都市中京区烏丸三条上ル