• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • 学芸員
  • 求められる人物は?適性を知る
やりたいことを見つけよう!

学芸員の求められる人物は?適性を知る

学芸員の基本は専門分野の研究を行うことですが、博物館の規模によっては、学芸員一人でさまざまな業務を行う必要があります。常に新しい情報を得ようとすること、人と積極的にかかわること、事務的な作業をこなせることなど、学芸員に求められるスキルは多岐にわたります。いずれにしても学芸員という仕事への熱意をもち続けることがすべての基本となります。事務的作業をこなす必要が出てくる場合もありますが、博物館の質は学芸員の力量によって左右されるといっても過言ではありません。

「この道を極めたい」という強い思い

学芸員として働くことができるのは、ひと握りの選ばれた人たちといえるでしょう。しかし、就職が難しいとあきらめるのではなく、自分の関心のある分野の研究を続け、学芸員になるという強い意志をもち続けることが必要です。また、学芸員になってからも、休日にほかの博物館に行って展示方法を確認したり、研究会に参加したり、知識を深めるために常に勉強する姿勢が求められます。

さまざまな仕事に対応できる応用力

大規模の博物館では学芸員が複数いるので作業を分担する場合もありますが、小規模の博物館では学芸員一人でさまざまな業務をこなさなくてはなりません。例えば、期間が限定される企画展示を開催するにしても、展示の計画から、チラシ・ポスターの作成、図録の編集、展示の説明パネルやキャプションの作成、講演会の運営、展示にかかわる事務作業などをまかされることになります。さらに、外部スタッフなどといった、多くの人たちがかかわるため、スムーズに進められるよう、ていねいなコミュニケーションがとれることも大切です。

情報発信力

博物館は教育機関という大きな役割があり、そこで働く学芸員は、研究の成果を多くの人たちにどのようにわかりやすく伝えるかを常に考えていかなくてはなりません。さらに、来館者から質問を受けたときには、質問に対して返答するだけでなく、新たな発想を引き出すような受け答えも必要となってきます。

学芸員に関連する仕事・資格

学芸員に関連する学問

学芸員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路