• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • 学芸員
  • やりがいを聞いてみよう
学芸員のやりがいを聞いてみよう

学芸員のやりがいを聞いてみよう

学芸員として働いている人の多くは、自分の専門分野の研究を仕事として続けられることに喜びを感じているようです。また、研究だけではなく、その成果を発表する機会でもある展示は、学芸員にとって非常に難しく頭を悩ませますが、やりがいのある仕事の1つでもあります。来場者が、自分の伝えたいことを理解し楽しんでくれたと実感できたときに、学芸員として達成感が得られ自信につながる人が多いようです。

勉強し続けてきたことを仕事にできる

学生時代から興味をもって勉強してきたことを、社会人になっても続けて研究することができるのが、学芸員の大きなやりがいのひとつです。さまざまな業務の中で、博物館に保管されている貴重な資料と接することができ、日々知識を深めることができることに、喜びを感じている人もいるようです。

訪れた人の心に届く展示を企画する

「自分が企画し、形にした展示をお客さまに楽しんでいただけたときが、一番うれしいです」という声があるように、一見難しそうなテーマでも、伝えたいことや理解してほしいことを、展示を通して多くの人たちに届けられたと感じたときに、学芸員としての達成感や充実感を得られる人が多いようです。

人とのつながりを実感できる

展示やイベントを行い、情報を発信するためには、さまざまな人の協力が必要です。例えば使用する資料や作品は、ほかの博物館・美術館や地域の人などに借りなければならないことも多く、さまざまな相手と信頼関係を築かなくてはなりません。あらゆることに注意しながら行わなければならないため、頭を悩ますことももちろんありますが、人とつながり、何かを形にできたときの充実感は次への原動力となります。

資料や作品を守るという使命

博物館には貴重な資料や作品が所蔵されていますが、その管理や保存も学芸員の大切な仕事です。「ここにある作品を今と同じ状態に保ち、後世に伝えることが私の使命です」という声があるように、一つひとつの資料や作品の価値を自分の手で守り、伝えていくことができるのも、学芸員として働く大きなモチベーションになっているようです。

取材協力
公益財団法人 日本博物館協会

全国のオススメの学校

学芸員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路