• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ゲーム
  • ゲームクリエイター
  • なるには
ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるために必須の資格はありません。ゲームメーカーやゲーム制作会社に就職し、現場スタッフとしてキャリアをスタートするのが一般的です。プログラマーやグラフィックデザイナーなどの職種は、専門性が求められるために、関連分野について大学・短大、専門学校などで学んでおくとよいでしょう。学校に通わずに独学で知識やスキルを習得し、ゲームクリエイターを目指す方法も、まれなケースですがあります。

ゲームメーカーなどに就職

ゲームクリエイターの就職先には、ゲームメーカー、ゲーム制作会社やIT系企業などがあります。ゲームメーカー、制作会社やIT系企業が、それぞれどのようなゲームを制作しているかを正しく知ることから始めましょう。そのうえで、自分の興味や能力を生かせるところに目標を絞るといいでしょう。大学・短大や専門学校で学んで採用試験に臨む人が多いようですが、採用試験では書類選考、筆記試験を経て、作品審査、面接と続くのが一般的なパターンです。特に専門別に募集が行われることの多いグラフィックデザイナーなどの職種では、作品の提出が課せられる場合がほとんどです。提出した作品の出来不出来は、採用におおいに関係してくるので、しっかりと準備しておくことが大切です。

独学、コンテストに応募

大学・短大や専門学校に通わずに、独学でゲーム制作に関する知識やスキルを身につけて、ゲームクリエイターになる方法もあります。オリジナルの企画や作品集をゲームメーカーやゲーム制作会社に持ち込んで、評価してもらいます。高い評価が得られれば、その会社に入社でき、ゲームクリエイターとしてデビューできるかもしれません。また、ゲームメーカーなどが後援して行うコンテストへの応募も考えられます。後援企業の目に留まれば、ゲームクリエイターになれる可能性があります。ただし、いずれも本人が高い知識やスキルをもっていることが前提となるため、こうした方法をたどってゲームクリエイターになることは非常にまれなケースといえます。

取材協力
総合学園ヒューマンアカデミー

全国のオススメの学校

ゲームクリエイターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路