• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ゲーム
  • ゲームクリエイター
  • 仕事内容
やりたいことを見つけよう!

ゲームクリエイターの仕事内容

高度化、複雑化した現代のゲームは、さまざまな分野のエキスパートが協力して、作り上げるのが一般的です。ゲームクリエイターは、プロデューサー(予算管理など全体を見る人)、ディレクター(ゲームの方向性を決める人)、プランナー(企画を考える人)、シナリオライター(ストーリーを書く人)の企画職と、プログラマー(プログラミングをする人)、グラフィックデザイナー(映像を作る人)やサウンドクリエイター(音を作る人)などに分けられます。ゲームクリエイターとは、ゲームを作り出すこれらすべての仕事に携わる人たちの総称です。

企画職

どのような対象者向けに、どのようなゲームを作ればよいか、発売時期はいつがよいか、また予算、スケジュール、制作スタッフ編成など、ゲーム作り全体を統括する仕事がプロデューサーです。ディレクターは、実際にゲームの開発に従事するプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイター、グラフィックデザイナーなどに指示を出し、スケジュールどおりに作業が進むように管理します。予定どおり進んでいない時などには、適時、軌道修正を行います。いわばゲーム作りの「現場監督」が、ディレクターという仕事です。一方、プランナーはゲームのスポンサー、ゲームの発注者、プロデューサー、ディレクターの要望や、どのようなゲームが受け入れられるかなどを考えに入れて、ゲームの企画を立てるのが仕事です。新規ゲーム誕生のきっかけを作る役割です。立てた企画案をもとにプロデューサー、ディレクターとコンセプトやテーマを固めて、ゲームの設計図である仕様書にまとめます。また、ゲーム全体のストーリーを考え、キャラクターの設定や登場人物のセリフなどを決めていくのが、シナリオライターです。緻密なストーリー展開が求められるロールプレイングゲームなどでは、特にシナリオライターの力量が重要になります。ちなみに管理職的立場であるプロデューサー、ディレクターの職にいきなり就くことは、大手ゲームメーカーではほぼ不可能です。プランナーやプログラマーなどとして開発現場を経験し、ゲーム制作全般を把握した後に、なることのできる職業です。

プログラマー

仕様書に合わせてゲームが正しく動くように、コンピュータ言語を駆使してプログラムを組むのがプログラマーです。ゲーム制作の中心的な役割を担う立場の仕事で、ひとつのゲーム制作には多くのプログラマーが参加しています。スマートフォンで遊ぶゲームに多い2DCG(2次元コンピュータグラフィックス=2次元の平面上にものを描き出すこと、また描かれたもののこと)、最近の主流の3DCG(3次元コンピュータグラフィックス?=3次元空間に立体物を作り出し、奥行き感や質感などをもたせながら2次元において表現すること、また表現されたもののこと)を動かすプログラミングなどをします。

グラフィックデザイナー、サウンドクリエイター

ゲームの背景やキャラクターなどの制作を行うのが、グラフィックデザイナーです。最近のゲームはより精度の高い奥行きや立体感、臨場感のある映像を実現するために、3DCGで制作されることが主流になっています。最近ではスマートフォンで遊ぶソーシャルゲームなどもスペックが上がり、それまでの2DCGから3DCGでの制作が求められるようになってきています。2DCG、3DCGのどちらにも対応できる知識とスキルが必要で、ゲームCGデザイナーと呼ばれることもあります。またゲームのBGMや効果音を受け持つサウンドクリエイターは、生き生きとしたゲームにするために欠かせない役割を担っています。


取材協力:総合学園ヒューマンアカデミー

ゲームクリエイターに関連する記事

ゲームクリエイターに関連する学問

ゲームクリエイターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路