• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • コンピュータ(エンジニア系)
  • プログラマー
  • 必要な試験と資格は?
やりたいことを見つけよう!

プログラマーの必要な試験と資格は?

プログラマーになる時に必ず必要になる資格はありません。しかし、プログラマーとして実際に働く際に求められる、関連知識やスキルに関する能力認定の試験があります。ほとんどが民間資格の中、唯一、国家資格が得られるのが、経済産業省が認定する情報処理技術者試験です。取得していれば履歴書に書けますし、採用試験の時に自らのアピールポイントやほかの志望者との差別化になるので、取得することで選考が有利になるケースもあります。

情報処理技術者試験

経済産業省が認定する、情報処理関連で唯一の国家資格試験です。情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる知識・技能について、幅広く評価します。合格すれば、情報処理技術者としての知識・技能が、一定の水準に達していることを認定されます。全部で13の試験区分があります。プログラマーに向いている試験は、システムの設計・開発・運用や、ソフトウエアの設計・開発技術に関して、基本的な理解から実践的な活用能力を評価する「基本情報技術者試験」、その応用編の「応用情報技術者試験」、ソフトウエアの設計・開発・テストなどを行い、情報システム開発技術を評価する「システムアーキテクト試験」などがあります。平成28年度の合格率は「基本情報技術者試験」が30.4%、「応用情報技術者試験」が20.6%、平成27年度秋期の「システムアーキテクト試験」が13.2%となっています。

オラクルマスター

日本オラクル社が認定する資格です。データベース管理者、アプリケーション開発者の資格などがあり、それぞれにブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナなどのレベルがあります。プラチナが最上位資格ですが、たとえ試験に合格しても、下位資格を取得していないとその上の資格には認定されません。下位資格から段階を追ってステップアップしていく必要があります。ブロンズからゴールドまではコンピュータで行われる選択式の試験、ゴールドとプラチナは試験合格とは別に、オラクル社認定の実機研修の受講が必要です。また、プラチナには実技試験があります。シルバー以上の認定資格は、同時に日本国内だけでなく世界共通の技術者としての国際資格認定となります。ワールドワイドに認定される資格なので、ほかの民間資格に比べて、IT業界でより認知度が高い資格といえそうです。オラクルが認定する資格にはこのほかに、コンピュータ言語のJavaに関するものもあります。

情報検定(J検)

文部科学省が後援する検定試験です。「情報システム試験」「情報活用試験」「情報デザイン試験」の3種類があります。中でも、プログラマーが取得を目指すとよいのは「情報システム試験」です。「基本スキル」「プログラミングスキル」「システムデザインスキル」の3つの試験科目を通して、プログラマーとしての総合的な情報処理能力を、総合的に評価します。

C言語プログラミング能力認定試験・Java【TM】プログラミング能力認定試験

プログラマーがプログラミングを行う際に必須の、コンピュータ言語に関する能力認定試験です。どちらも、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催・認定しています。どちらの試験も1~3級があり、3級はそれぞれのコンピュータ言語を用いてプログラミングを学び始めた初心者が対象。1級は、それぞれのコンピュータ言語でのプログラムの仕様変更や、それに伴うプログラミング能力の評価になります。2・3級は筆記試験、1級はパソコンを使った実技試験で行われます。

プログラマーに関連する記事

プログラマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路