• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 機械・電気・化学
  • 電気工事士

電気工事士

電気工事士

電気配線工事を一手に引き受ける

電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

電気工事士のやりがい

手に職をつけることができるのが電気工事士の魅力。電気工事には、一般家庭のエアコンの取り付けから、大規模な工場の配線工事まで多くの種類がある。そのため、さまざまな現場を経験するなかで、電気工事士としての技術の幅をどんどん広げていくことができる。また、経験に応じて上位の資格を目指すことができ、ステップアップのための目標となる。このように経験や努力に応じた成長を実感できるのも、電気工事士ならではのやりがいといえる。

電気工事士の就職先・働く場所

主な就職先は、電気工事会社、電気設備工事会社、建築会社、工務店、電力会社、家電量販店、家電メーカー、機械メーカーなど。就職先の選択肢は非常に幅広いと言える。扱う工事の内容は就職先によってさまざま。例えば、太陽光発電の取り付けを専門的に扱っている会社もあれば、住宅用の電気設備を全般的に扱う会社、携帯電話の基地局など電気設備を専門的に扱う会社もある。仕事場はそれぞれの現場。常に会社の外を飛び回っている職種だ。

  • 工務店
  • 建築現場

電気工事士の年収・給料・収入

平均給与32万7000円/月(「電気工」のデータ) ※年間賞与その他特別給与額58万4200円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

電気工事士の将来の展望

例えば、太陽光発電設備を設置するのも電気工事。今後設置が拡大する電気自動車の充電施設も電気工事を必要とする。電気工事の需要はもともと手堅いが、クリーンエネルギーへの転換なども需要増を後押ししている。電気工事は電気工事士の資格がないとできないため、有資格者へのニーズも当然伸びていくと見られている。また、現在は電気工事業界の高齢化が進んでいるため、若手は歓迎される傾向も。手に職をつけて長く働ける仕事として、注目度はさらに上がっていきそう。

電気工事士になるには

電気工事に携わるには電気工事士の資格取得が必須。資格には第二種と第一種があり、まずは第二種から挑戦するのが一般的。大学・短大・専門学校の電気工学系の学科に進み、電気工学や電気工事に関して学んでおくと関連する知識を習得できる。第二種が無試験で取得できるコースもあるが、在学中に試験を受けて合格することも十分可能だ。

電気工事士の適性・求められる力

配線工事などでミスがあると火災や感電といった事故につながる危険がある。そのため、電気工事士には正確な作業ができる几帳面さや責任感が不可欠だ。また、故障があった場合など、現場でスピーディに要因を突き止めるためには、電気関連の専門的な知識に加えて論理的な思考力も必要。また、お客さまと直接接することも多い仕事なので、コミュニケーション能力も求められる。

電気工事士の学校の選び方

第二種電気工事士を目指す場合は、大学・短大・専門学校の電気工学系の学科が関連性の深い進路。工学系の知識を幅広く学んでおきたい人は大学へ、電気工事系の実践的な技術を身につけたい、短期間で技術を学んで早く社会に出たいという人は専門学校へ進むのがいいだろう。専門学校では、卒業と同時に第二種の資格が取得できる学科もある。

電気工事士<国>

電気工事に従事する人のための代表的な資格

住宅や店舗、工場などで電気工事に従事する技術者のための国家資格で、扱える工事の範囲によって第1種と第2種に分かれている。具体的には、第2種は住宅や店舗の屋内配線や照明器具の取り付けといった工事、第1種は中小規模のビルや工事の屋内配線や受電設備配線といった最大電力500キロワット未満の電気を要する電気工事まで対応できる。電力会社や電気機器メーカーなどでは、一般社員にも資格取得を奨励する企業もある。

電気工事士<国>の就職先

電気工事会社に技術者として勤務する者が多い。電力会社などで「現場知識」に精通した社員としての活躍も期待できる。

電気工事士<国>をとるには

電気工事士<国>の受験資格

制限なし

電気工事士<国>の合格率・難易度

合格率
第一種:40.1%(筆記)、75.8%(技能) 第二種:60.5%(下期筆記)、67.8%(下期技能)
※2013年度

資格団体

(財)電気技術者試験センター
電話:(財)電気技術者試験センター03-3552-7691
URL:http://www.shiken.or.jp/
電気工事施工管理技士<国>

あらゆる建築物に欠かせない電気工事の監督者

電気工事を監督する技術者のための国家資格で、資格には1級と2級がある。1級電気工事施工管理技士は、発電設備や送配電設備といった電気工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理などの指導にあたる監督者として活躍。また、2級電気工事施工管理技士は、あらゆる建築物に欠かせない電気工事の技術者として施工管理の業務にあたる。合格までは2級でも1年以上の勉強が必要だろう。

電気工事施工管理技士<国>の就職先

電気工事会社ほか、ゼネコンなどの建築関連企業でも電気工事施工部門の技術者として活躍できる。

電気工事施工管理技士<国>をとるには

電気工事施工管理技士<国>の受験資格

1級の受験には学歴に応じて、電気工事施工管理に関する指定の実務経験が必要。たとえば、在学中に指定の学科を修めた大学卒業者は3年以上、短期大学又は5年生高等専門学校卒業者は5年以上、高校卒業者は10年以上など。2級は大学指定学科を卒業後1年以上の者、短期大学もしくは5年生高等専門学校指定学科卒業後2年以上の者、高校指定学科卒業後3年以上の者。

電気工事施工管理技士<国>の合格率・難易度

合格率
【2級】55.2%(学科)、40.4%(実地)、【1級】45.1%(学科)、63.4%(実地)
※2015年11月8日実施(2級)、2015年6月、10月実施(1級)

資格団体

(一財)建設業振興基金
電話:03-5473-1581(試験研修本部)
URL:http://www.fcip-shiken.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

電気工事士に関連する仕事・資格

電気工事士に関連する学問

電気工事士に関連する記事

  • 受験者数が増加傾向の電気工事士。その人気の理由って?

    ■受験者数はこの10年で約4万人増加して10万人台に 最近は、「若い世代の人口が減っていること」「一昔前の資格ブームが落ち着いたこと」などもあって、多くの国家資格で受験者数は減る傾向にある。 しかし、そんな中でも受験者数が増加傾向にある資格も。その一つが電気工事士だ。 発電所や電線の工事 …

電気工事士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

読売理工医療福祉専門学校 - 【放送映像・TVディレクター学科】番組制作の現場を体験! - 2017/05/07~2017/05/21 - 東京都港区芝5-26-16
日本工学院専門学校 - オープンキャンパス+体験入学 - 2017/05/07~2017/05/21 - 東京都大田区西蒲田5-23-22
名古屋工学院専門学校 - NKC体験入学【コンピューター・ITコース】2017-2018 - 2017/05/20 - 愛知県名古屋市熱田区神宮4-7-21