• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 機械・電気・化学
  • 危険物取扱者<国>

危険物取扱者<国>

危険物取扱者<国>

石油など引火性や発火性のある化学製品の取り扱いには必須の国家資格

石油など引火性や発火性のある化学製品を取り扱うのに必須の国家資格。甲種・乙種・丙種の3つに分かれており、甲種はすべての危険物を扱うことが可能で、乙種は扱える危険物によって6つに区分。丙種はガソリンや灯油、軽油など引火性の液体の管理・取り扱いをするための資格だ。活躍のフィールドは広く、各種化学工場やガソリンスタンドなどでは手当がつくことが多い。乙種第4類合格をめざすならば約3カ月程度必要。

危険物取扱者<国>の就職先

石油精製プラントなど各種化学工場や、危険物貯蔵倉庫の従業員、ガソリンスタンド、タンクローリー運転手など。

危険物取扱者<国>をとるには

危険物取扱者<国>の受験資格

乙種・丙種は制限なし。甲種は大学・短大・高専で化学に関する学科・課程を修め卒業した者(準ずる者)、または乙種取得後2年以上の実務経験者。

危険物取扱者<国>の合格率・難易度

合格率
30.4 %(甲種)、49.4%(乙種計)、70.3%(丙種)
※2014年4月実施分

資格団体

総務省
電話:試験は各地の(財)消防試験研究センター支部で実施されている。※関東の場合03-3460-7798
URL:http://www.shoubo-shiken.or.jp/
危険物取扱者<国>を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン
危険物取扱者<国>を目指せる学校を探すならリクナビ進学