• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 建築士
  • 学校の選び方
建築士の学校の選び方

建築士の学校の選び方

学校の種類としては、大学・短大・専門学校がありますが、建築学科か土木科かによって学ぶ内容や資格試験を受けられるタイミングに違いがあります。建築学科では、設計・製図の実習を中心に、建築史や都市計画などを学ぶことができます。一方、土木科では、道路や空港、ダムなど土木に特化した内容について実験を交えて学んでいきます。早く二級建築士や木造建築士の資格試験を受けたいなら、学校卒業後に実務経験を積むことなく試験を受けることができる建築学科を選ぶほうがおすすめです。

大学・短大・専門学校などの建築学科

建築史や設計、製図、都市計画など建築物全般について学ぶことができます。短大や専門学校に比べ、大学のほうが建築の理念や歴史などより建築について深く学べるでしょう。また、設計実習の授業を受ける必要があるため、設計課題に取り組み、自分の作品を制作することに時間を費やす日々になります。ハードな学生生活にはなりますが、実務経験を積まずに二級建築士や木造建築士試験を受けることができるので、建築士を目指す場合の近道と言えます(専門学校によっては、実務経験が必要な場合もあるので、詳細は各学校に問い合わせてください)。さらに建築を深く学びたい人は大学院へ進みます。大手の建築設計事務所やゼネコンでは、大学院卒でないと採用されない傾向があるので、将来そうしたところで働きたいと考えるなら、大学院まで見据えて学校を選ぶといいでしょう。また、建築士になるには理系でないといけないイメージがありますが、文系を選択していても入れる学校もあります。

大学・短大・専門学校などの土木科

主に工学部や理工学部に属すことが多く、道路、空港、ダム、橋など社会に必要な構造物の計画や設計、管理について学びます。どうしたら洪水の起きない河川を造ることができるかなど、防災や環境保全も学んでいきます。構造実験や上下水道に関する水理実験などを行う授業が多く、技術色が強い内容の勉強をしたい人に向いているでしょう。二級建築士や木造建築士試験を受けるためには、卒業後、1年以上の実務経験が必要となります。

全国のオススメの学校

建築士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路