• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 建築士
  • なるには
やりたいことを見つけよう!

建築士になるには

建築士になるには、国家試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。高校・大学・短大・専門学校などの土木科を卒業した場合は、二級建築士や木造建築士の資格試験を受けるために数年間の実務経験が必要となりますが、大学・短大・専門学校などの建築学科を卒業すれば、実務経験なしに試験を受けることができます。さらに、一級建築士を目指す場合には、多くの人が建築設計事務所や建設会社などに勤めながら実務経験を積み、資格試験を受けています。

詳細

建築士として働くためには、構造力学や地学といった学問、図面作成能力、建築デザインのセンスを身につけることが大切です。近年では、図面の作成にCADというソフトを使うことが必須となり、そのソフトを使いこなす技術も求められます。そうした知識や能力を身につけるため、多くの人は大学・短大・専門学校などの建築学科を志望します。また、大学卒業後に大学院へ進み、より深く建築を学ぶ人もいます。

二級建築士や木造建築士になるには

○大学・短大・専門学校などの建築学科で学んだ後、建築士試験に合格する
大学・短大・専門学校などの建築学科を卒業した後、年1回行われる国家試験に合格し、国家資格を取得します。この場合は、実務経験なしに試験を受けることができるというメリットがあります。
※実務経験とは、建築設計事務所、建設会社、ハウスメーカーなどで建築物の設計・工事監理・施工管理業務を行うこと、または、大学院の課程において実務実習(インターンシップ)を行うことなどを指します。

○高校・大学・短大・専門学校などの土木科で学んだ後、実務経験を経て建築士試験に合格する
高校の建築・土木科や大学・短大・専門学校の土木科を卒業した場合は、建築士試験の受験資格を得るために、実務経験を積むことが必要です。数年間の実務経験を経て、資格試験を受けることになります。

○進学せず、実務経験を積んで、建築士試験に合格する
土木科や建築学科を卒業していない場合でも、実務経験を積めば受験資格を得ることができます。ただし、7年以上という長い期間の実務経験が必要となるので、少しでも早く建築士として働きたいのであれば、大学・短大・専門学校に進学するのがおすすめです。

一級建築士になるには

大学・短大・専門学校などの建築学科・土木科を卒業した後に2~4年以上の実務経験、または、二級建築士の資格取得後に4年以上の実務経験を積むことで、一級建築士試験の受験資格を得ることができます。二級建築士の資格を取得せず直接一級建築士の試験を受ける場合でも、受験資格を得るまでには“大学などで学ぶ期間”と“実務経験を積む期間”を合わせて6年以上は必要となります。実際、多くの人が建築設計事務所などで働き、実務経験を積みながら資格のための勉強をし、資格を取得しています。

建築士に関連する記事

建築士に関連する仕事・資格

建築士に関連する学問

建築士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路