• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 大工
  • 必要な試験と資格は?
大工の必要な試験と資格は?

大工の必要な試験と資格は?

大工になるには資格も学歴も不要です。しかし、以前は義務教育課程を修了すればよいとする工務店や開業大工もいましたが、近年は大工に求められる知識・技術が高度化しており、また顧客対応におけるコミュニケーション力なども必要とされることから、高校卒業に相当する学力が必要とされています。若手が不足している業界のため、大工の求人は就職サイトなどで数多くみつけることができます。大学や専門学校の卒業生を積極的に採用するところも増えているため、条件面などをしっかり検討したうえで応募するとよいでしょう。

一般常識を備えている

大工一人で家を建てることはできません。棟梁をはじめ先輩大工、他分野の職人、工事関係者などと一緒に汗を流しながら完成を目指します。このため、工務店などが新人を採用する際は、一般常識をわきまえているかどうかを厳しくチェックします。初対面の人にきちんとあいさつができる、ミスをしたときは自分の誤りを認めて謝罪ができる、棟梁や先輩の指示を的確に理解して実行できるといった、きわめて常識的なことです。現状において大工は人手不足であることから、こうした一般常識をクリアできれば、就職先をみつけるのは困難ではないと思われます。

住宅に関する知識が豊富

大学・短大・専門学校などで建築・設計について勉強してきた人は、希望する会社に就職できるチャンスがさらに広がります。日本の住宅制度はどんどん新しくなっており、家屋を建てる側にも知識を更新することが求められているからです。例えば、平成21年(2009年)に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」には、長期優良住宅と認定するに当たっての基準が詳細に記されています。長期優良住宅に認定されると、税金面で多くの優遇措置を受けることができるなど、消費者に大きなメリットがあります。こうした住宅に関する豊富な知識は、大工という仕事をするうえでとても有意義です。

大工に関連する資格

大工に関連する資格

全国のオススメの学校

大工を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路