• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

住む人の立場に立って快適な住空間を提供する

顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

インテリアコーディネーターのやりがい

お客さまの要望を聞いて、相手にとって理想のインテリアを提案するのがインテリアコーディネーターの仕事。ただし、お客さまは漠然としたイメージしかもっていないことも多く、さまざまな質問をして、自分のセンスも加えながらそのイメージを具体化していくのは一苦労。それだけに最終的に提案したコーディネートがかたちになったとき、お客さまに「これです!」と言ってもらえたときは、やりがいを感じる瞬間だ。そんなお客さまがリピーターになってくれることも多く、それもインテリアコーディネーターにとってのよろこびの一つ。

インテリアコーディネーターの就職先・働く場所

最も多い就職先は住宅メーカー、リフォーム会社、建築設計事務所などをはじめとする住宅関連業界。そのほか、家具・住宅設備・照明などのメーカー、デパート、インテリアショップなどの販売店など。最近ではインテリアコーディネートのサービスをメインとした会社も登場している。

  • ハウスメーカー

インテリアコーディネーターの将来の展望

「和モダン」「シンプルモダン」といった言葉が浸透してきているように、一般の人たちのインテリアへの関心は年々上昇傾向。また、住宅リフォーム市場の拡大もインテリアコーディネーターの仕事が増えることにつながっている。今後もインテリアコーディネーターへのニーズは高まっていきそうだ。注目されるのは、高齢化にともない高齢者に優しいバリアフリーやユニバーサルデザインが求められるケースが増えていること。これからのインテリアコーディネーターは福祉系の知識も兼ね備えていると仕事の幅が広がっていくだろう。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターには同名の資格がある。必ずしもこの資格を取得していなければできない仕事ではないが、就職にも有利だし、お客さまの信頼を得ることにもつながるので取得しておいたほうがベター。大学・短大・専門学校の建築・インテリア系の学科ではインテリアデザインに特化したコースが設けられているところもあり、インテリアコーディネーターなどの資格取得に対応したカリキュラムとなっているところもある。こうした学校で学びながら資格を取得し、卒業後に住宅メーカーやインテリアショップなどに就職する。

インテリアコーディネーターの適性・求められる力

プライベートでもインテリアが大好きであることは大前提。そのほか、デザインや色彩に関する知識やセンス、インテリアの最新動向を敏感にキャッチする感度の良さなども求められる。また、やりとりを重ねながらお客さまの要望を形にしていく仕事なので、コミュニケーション能力も重要。特に「聞く力」は大切だ。さらに、なぜこの家具を選んだのか、なぜカーテンはこの色なのかをお客さまにわかりやすく説明する能力なども欠かせない。

インテリアコーディネーターの学校の選び方

インテリアコーディネーターの仕事に関連する内容は大学・短大でも専門学校でも学ぶことができる。大学・短大の建築学科やデザイン学科、生活科学科などはそれぞれインテリア以外の知識も幅広く学べることがメリット。専門学校のインテリア関連の学科・コースはインテリアの実務についてより専門的に学ぶことができる。就職後の働き方や就職先も意識して、学校や学科を選ぶといいだろう。そのほか、取得を目指せる資格などもチェックしておこう。

インテリアコーディネーター

住空間をより機能的にしながら快適な生活環境を提案するインテリアの専門家

色彩・素材・人間工学など幅広い知識を駆使して、機能的で快適な住空間を演出するインテリアの専門家。通信講座を利用した場合、1年が資格取得の目安だ。試験内容は一次がインテリア商品・販売の基礎知識を問う択一式筆記試験。二次は居住空間・コンサルティングに関する論文に加え、2時間20分のプレゼンテーション試験を行う。

インテリアコーディネーターの就職先

インテリア販売やインテリアメーカーをはじめ、住宅・設備・建築業など活躍のチャンスは多い。百貨店のインテリア商品・家具販売に従事するという道もある。結婚後も生かせる資格として特に女性には人気が根強い。また、社会復帰をめざす主婦や他業種の資格者も増加中だ。

インテリアコーディネーターをとるには

インテリアコーディネーターの受験資格

1次試験は制限なし。2次試験は1次試験に合格していること。

インテリアコーディネーターの合格率・難易度

合格率
31.0%(1次)、61.1%(2次)
※2013年度(第31回)

資格団体

(社)インテリア産業協会
電話:03-5379-8600(代表)
URL:http://www.interior.or.jp
  • パンフ・願書請求キャンペーン

インテリアコーディネーターに関連する学問

インテリアコーディネーターを目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大阪工業技術専門学校 - 【設備環境デザイン】空調・給排水・電気など建築の影の立役者! - 2016/12/17 - 大阪府大阪市北区天満1-3-11
大原情報デザインアート専門学校金沢校 - オープンキャンパス&体験入学 13:00~15:00 - 2016/12/17~2016/12/23 - 石川県金沢市広岡1-1-15
中央工学校 - 2016体験入学☆スポーツコンディショニングを体験しよう! - 2016/12/17 - 東京都北区王子