• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

インテリアコーディネーターのやりがい

依頼主の要望を聞いて理想のインテリアを提案するのがインテリアコーディネーターの仕事ですが、依頼主は漠然としたイメージしかもっていないことも多く、そのイメージを具体化していくのは、苦労の多い大変な仕事です。それだけに最終的に提案したコーディネートが形となり、依頼主に満足してもらった時には、大きなやりがいを感じます。そして、そんな依頼主がリピーターになってくれることが多いのもインテリアコーディネーターにとってのよろこびのひとつです。

インテリアコーディネーターの就職先・働く場所

インテリアコーディネーターの最も多い就職先は住宅メーカー、リフォーム会社、建築設計事務所などをはじめとする住宅関連業界です。そのほか、家具・住宅設備・照明などのメーカー、インテリアショップなどの販売店などがあります。デパートのインテリア商品・家具販売に従事するという道もあります。最近ではインテリアコーディネートのサービスをメインとした会社も登場しています。実績を積んだ後には、フリーとして独立して働くこともできます。また、インテリアコーディネーターは、結婚後もスキルや経験を生かせる職業として、女性に人気が高く、夫の転勤に伴う転職や、出産後に社会復帰を目指す際の再就職にも有利といわれています。

  • ハウスメーカー

インテリアコーディネーターの年収・給料・収入

インテリアコーディネーターの平均年収は約380万円(月収/約24万円)と試算されています。ただし、働く企業や勤続年数、学歴、スキル、資格の有無、手当類、雇用形態、契約形態などによって大きな差があります。また、正社員のほかにも契約社員や派遣社員、フリーなど働き方もさまざまで、成果によって報奨金がもらえるなど、個々の実力・実績が収入に大きくかかわるといいます。フリーランスの人気インテリアコーディネーターのなかには、年収1000万円以上稼ぐ人も珍しくありません。

インテリアコーディネーターの将来の展望

「和モダン」「シンプルモダン」といった言葉が浸透してきているように、一般の人たちのインテリアへの関心は年々上昇傾向にあります。また、リフォーム市場の拡大もインテリアコーディネーターの仕事が増えることにつながっています。今後もインテリアコーディネーターへのニーズは高まっていきそうです。注目されるのは、高齢化に伴う高齢者に優しいバリアフリー、ユニバーサルデザイン(言語・文化・国籍などの違い・障害のあるなしに関係なく、誰もが理解し利用できる製品やデザインのこと)が求められるケースが増えていることです。これからのインテリアコーディネーターは、福祉系の知識を兼ね備えていると仕事の幅が広がっていくことが予想されます。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターを目指すには、大学や短大、専門学校を出て、建築・インテリア業界の住宅メーカーや家具メーカー、インテリアショップ、デザイン事務所に就職するのが一般的です。インテリアコーディネーターには同名の資格がありますが、必ずしもこの資格がなければできない仕事ではありません。ただし、取得していれば就職にも有利ですし、依頼主から信頼を得ることにもつながるので取得しておいたほうがよいでしょう。大学・短大・専門学校の建築・インテリア系の学科ではインテリアデザインに特化したコースが設けられているところもあり、インテリアコーディネーターなどの資格取得に対応したカリキュラムとなっているところもあります。こうした学校で学びながら資格を取得し、卒業後に住宅メーカーやインテリアショップなどに就職するのが最短コースといわれています。

インテリアコーディネーターの適性・求められる力

インテリアが好きであることが大前提です。そのほか、デザインや色彩に関する知識やセンス、インテリアの最新動向を敏感にキャッチする感度の良さなども求められます。また、やりとりを重ねながらお客さまの要望を形にしていく仕事なので、コミュニケーション能力も重要です。特に「聞く力」は大切といわれます。さらに、なぜこの家具を選んだのか、なぜカーテンはこの色なのかなど、自身のプランをお客さまにわかりやすく説明する能力なども欠かせません。インテリアコーディネーターが、特に学ぶべき住居学は、総合的な学問領域なので、数学・芸術・文化・社会など幅広く勉強する姿勢が求められます。

インテリアコーディネーターの学校の選び方

インテリアコーディネーターの仕事に関連する学問は、大学・短大をはじめ専門学校やスクールでも学ぶことができます。大学・短大の建築学科やデザイン学科、生活科学科などはそれぞれインテリア以外の知識も幅広く学べることがメリットです。専門学校のインテリア関連の学科・コースでは、インテリアの実務についてより専門的に学ぶことができます。就職後の働き方や就職先も意識して、学校や学科を選ぶといいでしょう。そのほか、取得を目指せる資格などもチェックしておきましょう。

インテリアコーディネーター

住空間をより機能的にしながら快適な生活環境を提案するインテリアの専門家

色彩・素材・人間工学など幅広い知識を駆使して、機能的で快適な住空間を演出するインテリアの専門家。通信講座を利用した場合、1年が資格取得の目安だ。試験内容は一次がインテリア商品・販売の基礎知識を問う択一式筆記試験。二次は居住空間・コンサルティングに関する論文に加え、2時間20分のプレゼンテーション試験を行う。

インテリアコーディネーターの就職先

インテリア販売やインテリアメーカーをはじめ、住宅・設備・建築業など活躍のチャンスは多い。百貨店のインテリア商品・家具販売に従事するという道もある。結婚後も生かせる資格として特に女性には人気が根強い。また、社会復帰をめざす主婦や他業種の資格者も増加中だ。

インテリアコーディネーターをとるには

インテリアコーディネーターの受験資格

1次試験は制限なし。2次試験は1次試験に合格していること。

インテリアコーディネーターの合格率・難易度

合格率
29.2%(1次)、60.4%(2次)
※2015年度(第33回)

資格団体

(公社)インテリア産業協会
電話:03-5379-8600(代表)
URL:http://www.interior.or.jp
  • パンフ・願書請求キャンペーン

インテリアコーディネーターに関連する学問

インテリアコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

修成建設専門学校 - 修成 春のオープンキャンパス - 2017/05/13~2017/05/20 - 大阪府大阪市西淀川区大和田5-19-30
金沢科学技術専門学校 - 【映像音響学科】ライブ機材の設営やカメラ撮影を体験しよう! - 2017/05/14 - 石川県金沢市三社町11-16
中央工学校 - 2017体験入学☆インテリアコーディネートを体験しよう! - 2017/05/20 - 東京都北区王子