• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアコーディネーター
  • 気になる?年収・給料・収入
インテリアコーディネーターの気になる?年収・給料・収入

インテリアコーディネーターの気になる?年収・給料・収入

インテリアコーディネーターの平均年収は約380万円(月収/約24万円)と試算されています。ただし、働く企業や勤続年数、学歴、スキル、資格の有無、手当類、雇用形態、契約形態などによって大きな差があります。また、正社員のほかにも契約社員や派遣社員、フリーなど働き方もさまざまで、成果によって報奨金がもらえるなど、個々の実力・実績が収入に大きくかかわるといいます。
フリーランスの人気インテリアコーディネーターのなかには、年収1000万円以上稼ぐ人も珍しくありません。

平均年収約380万円

インテリアコーディネーターに限った大がかりな給与調査が行われていないため、厚生労働省の賃金構造基本統計調査をもとに、ある民間機関が試算したところでは、企業内インテリアコーディネーターの平均年収は約380万円だったといいます。ボーナスを年3~4ヵ月分とした場合、月額は約24万で、ボーナスは年約90万円。※各種手当(残業・休日・交通・住宅・専門職など)は含みません。
住宅メーカーや設備メーカーなど企業に勤める場合は、固定給となり、インテリアコーディネーターの資格を持っていると専門職手当などが付く場合もあります。

初任給は20万円前後

初任給は20万円前後です。ただし、建築・インテリア業界の企業は、資格(専門職)手当を出すことが多く、入社時にインテリアコーディネーターの資格を持っていると、若干の上乗せがあるようです。

年収上昇のシミュレーション

インテリアコーディネーターは個々のスキルアップによって年収に差がつくといわれます。いかにして収入アップをはかるか、シミュレーションしてみました。
①1年目:250万~350万円
だいたい月20~25万円程度です。インテリアコーディネーターの資格を持っていると、一般社員より給与面でも優遇されるケースが多いようです。
②5年目:400万~500万円
スキルアップをはかる時期で、インテリア設計業務など専門的な仕事に就いてキャリアを積めば、高収入も期待できます。
③10年目:500万~600万円
キャリア10年目になると、もはやべテランです。トラブルの対応なども行う責任あるポジションを任されるようになり、給与もアップします。さらには、クライアントと信頼関係を築きあげていれば、独立してフリーランスとして活躍する道もあります。実力によっては1000万円以上の高収入も可能になってきます。

フリーランスの収入

インテリアコーディネーターは独立して、フリーランスとして活動する人も多い職種です。しかしその収入は実力次第で、年収3000万円ほど稼ぐ人から、独立前よりも収入減になってしまっている人まで、その差は天と地ほどあります。平均では年収400万~700万円ほどといわれています。

全国のオススメの学校

インテリアコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路