• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • トリマー
  • ズバリ!将来性は?
トリマーのズバリ!将来性は?

トリマーのズバリ!将来性は?

犬などのペットに美容のケアを行うなどということは、50年前には考えられもしませんでした。しかし、深く愛情を注いで飼育され、ペットが家族の一員となっている現在では、定期的にグルーミングに通うことは、かなり一般的になっています。この傾向は、今後も続くと思われます。トリマーの仕事も広く認知されつつあり、働き先が近い将来激減する可能性は少ないと言われています。ペットの高齢化による介護という分野の仕事も、注目度が高くなっています。

技術を進化させ続ける

トリマーは将来的にも、現在とほぼ変わらず安定した働き先があると考えられています。それに伴い、一定の技術をもったトリマーの間で、仕事の奪い合いが起きる可能性があります。グルーミングなどには一応の定価がありますが、水準を下回る料金で仕事を得ようとするトリマーも出てきます。このような価格競争に巻き込まれないためには、シャンプー、カットなどの技術のムラをなくし、高い技術を保つことが必要です。技術を一歩一歩、高め、お客さまの信頼を得ていく努力が、将来、トリマーとして仕事を続けていくことにつながります。

高齢ペットの介護

人間同様、ペットの世界でも高齢化が進んでいます。目や耳が不自由になったり、歩けなくなる高齢犬などが増えています。将来的には、人間の手助けが必要になった犬などのペットのための介護施設が必要になり、増えていくと考えられています。介護施設では獣医師と連携して投薬の補助をしたり、床ずれを防ぐために一定時間ごとに寝る向きを変えたりといった対応が求められます。衰えたとは言っても、より健康的に、清潔な状態に保つためには、トリマーによる、爪、耳や歯のケアやブラッシングは欠かせません。高齢ペットの介護施設にも、トリマーの働き先は広がりそうです。

全国のオススメの学校

トリマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路