• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • 獣医師

獣医師

獣医師

動物の診療から、保健・衛生面での検査業務まで

動物病院の医師として、犬や猫などの小動物のペットから、馬や牛などの大動物まで、さまざまの動物の病気を診察し、治療にあたる。開業医としての仕事以外にも、公衆衛生局や、農業試験場、検疫所などに就職して、衛生面での検査等の仕事をするケースもある。いずれにしても国家試験に合格する必要がある。

獣医師のやりがい

ケガや病気で苦しんでいる動物を自分の治療によって助けてあげることが獣医師にとって一番のやりがい。その結果、飼い主から感謝の言葉をかけられることも大きなよろこびだ。また、動物が好きな人にとっては、日々、動物と触れ合いながら過ごすことができるのも魅力。経験を重ねるなかで専門性や治療技術が磨かれていく仕事なので、働きながら成長を実感できることもやりがいにつながる。

獣医師の就職先・働く場所

獣医師の就職先として最もイメージが強いのが犬や猫を対象とする動物病院。ただし、そのほかにも就職先は多彩だ。水族館や動物園、公営競馬などで働く獣医師もいるほか、輸入動植物の検査を担当する厚生労働省や農林水産省所属の国家公務員、自治体の家畜保健衛生所、食肉衛生検査所、動物愛護センターなどで働く地方公務員、研究施設の研究員として働くケースも。就職先によっては、検査業務がメインで診察や治療はあまり行わないことも多い。

  • 保健所
  • 都道府県庁
  • 動物病院
  • 動物園
  • その他行政機関
  • 製薬会社
  • 水族館
  • 市町村役所
  • 研究所

獣医師の年収・給料・収入

平均給与40万3100円/月 ※年間賞与その他特別給与額61万4200円 ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

獣医師の将来の展望

ペットを飼う人は今後も増えていくと見られている。また、ペットを家族同然に大切に扱う飼い主も増えているため、犬猫を診療する動物病院での獣医師へのニーズはさらに高まっていくとみられている。一方、検査などを行う獣医系の公務員は数が不足しており、現状はまず就職に困らない状況となっている。獣医学科は数に限りがあり、今後も人材不足はしばらく続いていく見込みだ。

獣医師になるには

獣医師国家試験を受験するためには、6年制の獣医学科に進学することが必須。現在、獣医学科は全国16大学に設けられている。動物に特化した解剖学、生理学、免疫学、病理学、細菌学、伝染病学、薬理学、麻酔学、繁殖学などを実習を交えて幅広く学ぶ。このほか食品衛生学なども学習範囲。6年次に獣医師国家試験を受験し、合格すると獣医師となる。その後は動物病院などに就職。国家公務員・地方公務員の場合は、有資格者を対象とした採用試験を受ける。

獣医師の適性・求められる力

獣医師として働くには国家資格取得が必須。もちろん動物が好きなことは大切な条件だ。動物は言葉が話せないので、微妙な反応や動きから、状態や気持ちを読み取る洞察力や観察力も大切になる。また、資格取得後も日々さまざまな病気や治療法、薬に関する幅広い知識を習得する必要がある仕事なので、勉強熱心であることも重要。また、飼い主にわかりやすく診断結果や治療法を伝え、安心感を与えることができるコミュニケーション能力もポイントになる。

獣医師の学校の選び方

獣医師を目指すなら、全国16大学にある獣医学科のいずれかに進学することになる。それぞれの違いとしては、国立大学は研究に、私立大学は直接動物を診療する臨床に力を入れている傾向があること、大学によって牧場などの施設の規模に違いがあり、牛や馬などの大動物に触れ合う機会に差があることなどが挙げられる。ただし、獣医学科はどこも倍率が高く、併願してチャンスを広げるのが一般的。志望校を絞り込みすぎないように注意。

獣医師<国>

「動物病院の獣医師」だけでなく、畜産指導や伝染病対策など、仕事の幅は広い

農林水産大臣によって免許が与えられる国家資格。ペットや飼育動物の病気の治療や保健衛生の指導などをするイメージが強いが、それだけではない。畜産指導や伝染病対策、品種改良など、さまざまな仕事の領域がある。獣医学の課程のある大学で学んだ後、国家試験に合格する必要がある。

獣医師<国>の就職先

ペットの動物病院のほか、牛や豚などの畜産動物、動物園や水族館、競馬場に勤務する獣医師など。公務員としては、空港や港の動物検疫所、保健所、動物保護センター、畜産試験場など、多種多様な分野で活躍できる。

獣医師<国>をとるには

獣医師<国>の受験資格

学校教育法に基づく大学で獣医学の課程(6年制)を卒業した者などが条件。合格者は申請により、農林水産大臣から免許を受ける。

獣医師<国>の合格率・難易度

合格率
81.7%
※2014年2月実施分(第65回)

資格団体

農林水産省
電話:消費・安全局畜水産安全管理課 獣医事班03-3502-8111(内線4530)
URL:http://www.maff.go.jp/j/denmado/d_tetuduki/c0009.html
獣医師を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

獣医師に関連する仕事・資格

獣医師に関連する学問

獣医師を目指せる学校を探すならリクナビ進学