• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自然・環境・バイオ
  • 気象予報士
  • 求められる人物は?適性を知る
やりたいことを見つけよう!

気象予報士の求められる人物は?適性を知る

気象予報士の仕事にはデータを「分析する」という側面と、自分の予報を人に「伝える」という側面があります。物事をさまざまな角度からとらえて分析し、答えを導き出すことが好きで得意なことは大切な適性の一つ。その土台となる論理的な思考力も欠かせない能力といえます。また、お天気キャスターとして表舞台で活躍する場合には話す技術も求められますし、裏方として働く場合にも、伝えるべきことをわかりやすく文章にまとめる力が必要とされます。

物事を分析する力

気象予報士は、気圧配置、気温、湿度、風などのさまざまな気象データを付き合わせて分析することによって気象を予報します。同じ気象データを前にしても、気象予報士によって予報の内容は異なるように、決まった公式に当て嵌めれば答えが出るというものではありません。そのため、さまざまな角度からものごとを深く分析する力は必要不可欠。その土台として、論理的に思考する力も求められます。

わかりやすく伝える力

専門知識がなければ理解できないさまざまな気象データを読み解き、これからどのような天気や気温の変化が起きるのかを“翻訳”して伝えるのが気象予報士の仕事です。一般の人には気象の専門知識はないので、できるだけ具体的にわかりやすく表現することが大事なポイント。そのような表現力のある人は気象予報士への適性があるといえます。

気象予報士に関連する学問

気象予報士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路