• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 就職先・活躍できる場所は?
やりたいことを見つけよう!

美容師の就職先・活躍できる場所は?

代表的な就職先は美容室になります。美容室のなかでも、チェーン展開している大型サロンや、個人経営の小型サロン、最近では10分1000円などの低価格店などさまざまです。そのほか、結婚式場も美容師の人気の就職先のひとつ。ヘアセット専門店や、まつ毛を整える美容サロンなどもあります。また、美容室で経験を積んでから、映画やテレビ、広告などの撮影現場やファッションショーなどにヘアメイクアーティストを派遣するヘアメイク事務所に所属したり、独立したりする道もあります。2015年3月末時点での美容室数は全国で23万7000軒を超えており、美容室で働きたいと思ったときに就職先がみつからないということはほとんどないと言えそうです。

美容室(大型店)

美容師が活躍する場所として多くの人がまず思い浮かべるのが、美容室だと思います。そのなかでも、大型美容室の特長は、日々の仕事のマニュアル化が進んでおり、教育カリキュラムも充実しているため誰でも努力次第で一定のレベルまで成長できることにあります。店舗拡大中の美容室なら、店長やエリアマネージャーなどのポジションも豊富です。さらに、スケールメリットを生かし、福利厚生を充実させている会社が多いのも特長と言えるでしょう。人数が多いからこそ競争にさらされることもありますが、そういう環境でこそ燃えるタイプの人や、将来は独立したいという野心家タイプの人にとっては、成長の種がたくさんあるおすすめの就職先となりそうです。また、最近では、チェーン展開する1000円カットなどの低価格店が増えています。低価格店では、短時間で多くのお客さまに対応するスピードが求められます。

美容室(小型店)

小型美容室の特長は、オーナーとスタッフの距離が近いことがあげられます。自分の意見を美容室に反映しやすく、技術あるオーナーの間近で働き、技術や経営ノウハウを学べるのもメリットです。店舗規模がコンパクトだからこそスタッフとお客さまの距離が近く、リピーター率も高いため、地域密着のアットホームな美容室が目立ちます。オーナーの志向にもよりますが、尊敬するオーナーについていきたい、マイペースに働きたい、自分のアイデアを美容室に反映させたい、地域密着型の美容室でアットホームな接客をしたいなどの志向をもっている人に、向いている就職先と言えるでしょう。

結婚式場

いかに花嫁の美しさを引き出し、魅力的にコーディネートできるかが結婚式場で働く美容師に求められることです。結婚式場の館内にある美容室や、新郎・新婦がお支度をするブライズルームが職場になります。花嫁が希望するヘアメイクを施すほか、花嫁に衣裳を着付けるのも美容師の仕事です。就職先として人気が高く、倍率は高めです。

ヘアメイク事務所

撮影現場やファッションショーなど、「美」にかかわる現場にヘアメイクアーティストを派遣するのが、ヘアメイク事務所です。雑誌や映画、CM、広告などの仕事をメインでやっていくヘアメイクアーティストにあこがれを抱く人も多くいることと思いますが、美容師免許を取得後すぐに就職できることはほぼありません。ヘアメイク事務所に就職する場合は、たいてい数年の美容室勤務で実績を作り、ヘアスタイルなどの作品をもち込む方法が一般的です。就職とはいえ、お給料、労働条件は通常のサロンワークよりも環境が整っていないため、この世界でやっていくには相当の覚悟と辛抱強さが必要となります。

ヘアセット専門店、美容サロン

ヘアセットを専門に行うお店でも美容師は活躍しています。また、まつ毛エクステやまつ毛カール、まつ毛パーマなどをするアイリストの仕事にも美容師免許が必要となるため、美容師免許を取得し、まつ毛ケアのプロフェッショナルとして美容サロンで働く人もいます。

オーナーになる

多くの美容師にとってのゴールは、自分のお店をもつことかもしれません。技術力、資金、人脈、経営力が備わった先にそのゴールはあります。また、最近では、美容室の一部を借りて個人事業主として独立した形で働く「面貸し」というシステムを利用する美容師もいます。自分を指名して来てくれるお客さまのみに対応するため、予約の入れ方によって働く時間を自由に決められるメリットがあります。この場合の給料は、売り上げに応じて一定の還元率で美容室から報酬を受け取る完全歩合制と、時間や月額固定で一定の金額を美容室に支払い、残りが給料となる2パターンあります。

美容師に関連する記事

美容師に関連する学問

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路