• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 気になる?年収・給料・収入
やりたいことを見つけよう!

美容師の気になる?年収・給料・収入

男女計の平均年収は約285万円、月で計算すると23万円程度となっています。ボーナスが支払われる美容室はまだまだ少なく、月収×12がほぼ年収と言えそうです。一般企業の平均年収が400万円ほどと言われていますので、美容師の給料は決して恵まれているとは言えません。特にアシスタント時代は、月収15万円以下で生活していくのがやっとということも珍しくありません。スタイリストになると、基本給が月20万円前後になり、さらに自身の月の売り上げに対してのインセンティブがつきます。自分のお店をもち経営者になることまで考えるのであれば生涯年収は悪くないかもしれませんが、雇われているときの収入が気になる人や、労働力に対して早めに評価が欲しい人は、続けること自体が難しくなります。事実、給料が不満で辞めていく人も少なくないため、お金には換えられない「やりがい」がある仕事であることを十分理解する必要があるでしょう。一方、資格が必要な「手に職」の仕事であることから、向上心さえあれば、年齢にかかわらず長く安定してお金を稼ぐことができるというメリットもあります。

平均給与

23万2800円/月

年収

約285万円
※年収の計算方法:決まって支給する現金給与額(23万2800円)×12カ月+年間賞与その他特別給与額(6万1500円)
※厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」より
※10人以上の規模の施設で働く美容師の給与月額男女合計(平均年齢:30.2歳、勤続年数:6.7年、所定内労働時間数:174時間、超過実労働時間数:8時間)

給料アップは自分の努力次第

平均年収が低いとはいえ、ずっと年収が低いわけではありません。経験と人気、職位によって給料は変動していきます。スタイリストになると月の売り上げに対してのインセンティブがつきます。インセンティブのパーセンテージは美容室によって異なりますが、月の売り上げ×10~30%であることが多いようです。売り上げが上がれば上がるだけ自分の給料も上がることになりますから、給料アップがやる気につながっていくはずです。また、相当な努力は必要ですが、20代で独立する美容師も多くいます。やり方次第では若い段階で高収入を目指すことも可能です。

美容師に関連する記事

美容師に関連する学問

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路