• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 志望動機を教えて!
美容師の志望動機を教えて!

美容師の志望動機を教えて!

美容師として働く人の多くは、“あこがれ”が美容師を目指すきっかけになっているようです。「テレビや雑誌で活躍する人にあこがれて」「美容師として働く父の姿がかっこよくて」という美容師はたくさんいます。また、友人の髪を結んで喜ばれた経験から「人を喜ばせる仕事がしたい」と美容師を目指す人もいます。美容師は人と深くかかわる仕事のため、「人が好き」でなければ、どれだけ技術があっても続けることは難しいとも言えます。あこがれだけでは続けられない大変な仕事ではありますが、人からあこがれられる、人を喜ばせることができる、魅力ある仕事です。

美容師へのあこがれ

「小学生の時に初めて行った美容室でかわいくしてもらえてうれしかった」と、「美容師になる」と小さなころからその想いを抱いている人は多くいます。「高校生の時に行った美容室でかっこいい髪形にしてもらい、自分に自信がもてた経験から美容師に興味をもった」という人も。美容室は誰でも訪れることができる場所であり、そこでプロとして働く美容師に接し、感動した経験があこがれにつながっているようです。

親が美容師

美容師のなかには、父親が美容師、母親が美容師という人は多くいます。「父が美容師で、小さいころから父の仕事姿ばかりを見てきて、それがすごくかっこよかった」という声も。「手に職」の仕事ですから、「高齢になっても仕事を続けている親の姿に尊敬の気持ちを抱く」という人もいます。

「美」を通して人を喜ばせたい

「友人の髪を結んで喜ばれた」、「友人の髪を切ってあげたらその友人に彼女ができた」という経験から、「人を喜ばせること」にやりがいを感じ美容師を目指す人もいます。働き始めてからも、多くの美容師が、お客さまからの「ありがとう」を原動力にしてこの仕事を続けています。

ものを作り上げるのが好き

美容師はアーティストとしての側面もあります。「昔からものを作るのが好きで、作品を作る仕事をしたかった」と話す美容師も。自分が作ったヘアスタイルそのものが作品であり、その作品を身に付けてお客さまは生活します。常に作品が世に出回っているという、アーティストとしてはたまらなくうれしいものがあります。

全国のオススメの学校

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路