• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • エステティシャン

エステティシャン

全身美容からストレスケアまで。心身の美をサポートするプロ
皮膚のトリートメント、メイクアップ、痩身、脱毛、ネイルケアなどカウンセリングをして、客の目的と体質、性格にあったプログラムを組む。精神的な安らぎを求めてサロンを利用する客も多いのでカウンセラー的な役割も大きい。国際美容団体シデスコか国際エステティック連盟というインファの国際ライセンスを取得すれば海外で活躍することも可能。
エステティシャン
AJESTHE認定エステティシャン

エステティシャン

全身美容のプロとして必要とされる力を審査し、認定する
日本エステティック協会は、1972年の設立以来、エステティックの研究や人材教育を行ってきた業界団体。独自に資格制度を持ち、そのひとつがこの認定エステティシャン。プロとして活躍するために必要とされる一定以上の知識と技術を審査し、認定するもの。試験は随時実施され、筆記試験と実技試験が行われる。合格までの勉強期間の目安は、協会認定校などで3ヵ月~1年程度。
AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー

エステティシャン

エステティックサロンなどで指導者的な役割を果たせる
日本エステティック協会は、1972年の設立以来、エステティックの研究や人材教育を行ってきた業界団体。独自に資格制度を持ち、そのひとつがこの認定トータルエステティックアドバイザーで実務経験者が対象。エステティックの広範囲にわたる理論と技術を理解し、指導者的な立場になれるエキスパートとしての能力を認定する。試験は年1回で、AJESTHE認定上級エステティシャン資格者を対象として実施している。
AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

エステティシャン

エステ業界で活躍するための基礎の力を試し、認定する
日本エステティック協会は、1972年の設立以来、エステティックの研究や人材教育を行ってきた業界団体。独自に資格制度を持ち、そのひとつがこの資格。皮膚のトリートメントや、パックなど化粧品による手入れといった、フェイシャル・ボディの基礎の技能を認定する。全国試験は年3回の実施で、筆記試験のみ。衛生、安全面およびスキンケアの基本知識も試されるので、合格するにはスクールなどで3カ月以上の勉強が必要だろう。
CIDESCOインターナショナル・エステティシャン

エステティシャン

世界30カ国以上に支部があり、世界的に権威のあるエステティックの国際ライセンス
国際的なエステティックの団体CIDESCOが、国際共通基準で認定している資格。認定試験は、世界30カ国以上で行われており、筆記試験と実技試験で構成されている。エステ業界では、世界的に知名度が高く、憧れの資格でもある。仕事の内容としては、髪以外の全身美容を手掛ける。カウンセリングに始まり、肌のトリートメント、痩身、脱毛などを行いながら癒しも提供する。取得すれば海外勤務の可能性も広がる。
AEA認定エステティシャン

エステティシャン

エステティック業界で働く人の技術を認定する資格
健康や美への関心の高まりにより成長が続くエステティック業界。AEAではお客様が安心してサービスを受けられるよう、指針を設ける目的で04年3月に資格制度を開始。06年8月からは、レベルアップを図るため既就職者についても実技試験が必須になっている。
AJESTHE認定ボディエステティシャン

エステティシャン

ボディエステに関して衛生面・安全面を踏まえた専門知識を認定
日本エステティック協会(AJESTHE)は、1972年の設立以来、エステティックの研究や人材教育を行ってきた業界団体。独自に資格制度をもつ。エステティックに関する基礎知識から、ボディトリートメントに必須のハンドマッサージや機器の使い方などの技能を認定する。試験は年3回の実施。筆記試験のみだが、現場で働くことを目指すなら、スクールなどで実技も習得しながら3カ月以上勉強するのが望ましいステップ。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
エステティシャンになるには

エステティシャンになるには

エステティシャンは、エステ技術について学んだ経験がなくても、サロンに就職することはできますが、即戦力を求めるサロンが多いなかでは給料面や待遇面で不利になることも多くなります。また、人の肌に直接触れる仕事なので、人体に関する知識や技術は身につけておくのがベストです。エステティシャンを養成する専門学校を修了し、エステティックサロン等に就職するのがいいでしょう。大手エステティックサロンと提携している学校もあるので自分の目的に合わせて学校を選びましょう。また、さまざまな民間の資格があるので、取得すると就職に有利になることが多いようです。

エステティシャンの学校の選び方

POINT
エステティシャン養成の専門学校、美容専門の学校は全国に多数あります。エステティシャンとして働くことを目指すなら、必要な知識と技術をしっかり学べ、実習が充実している学校がいいでしょう。就職を有利にするには、一般社団法人日本エステティック協会などエステティック関連の協会から認定を受けている学校を選ぶことが近道になります。

エステティシャンの求められる人物は?適性を知る

POINT
肌や姿勢、体型などを美しく整えたり、疲れを癒やしてリラックスしてもらうのがエステティシャンの仕事です。人の肌に直接触れることもあり、マッサージや美容機器を使ったトリートメントの際には、機器を安全に扱う判断力などが必要です。また、相手をリラックスさせるためのコミュニケーション力や冷静で穏やかな精神状態を保つことも大切。日頃から美容やキレイになるための情報、知識、体験などに積極的に取り組む姿勢も重要になります。また、エステティシャンの仕事は立ち仕事が多く、全身を使ったマッサージを行うことも多いので、体力もしっかりつけておいたほうがいいでしょう。

エステティシャンの必要な試験と資格は?

POINT
エステティシャンになるために資格は必要ありません。ただし、即戦力として就職するためには、専門学校で基礎から学び、必須課程を修了後に、民間団体の資格を取得すると有利になります。一般社団法人日本エステティック協会などエステティック関連の協会から認定を受けている学校であれば、民間資格を取得するための実務経験が免除されることもあります。
エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンは、フェイシャル(顔の肌の悩みを解消)やボディのトリートメント(マッサージやパックなど)をはじめ、痩身、メイク、脱毛、ネイルなどを、手や用具を使って行います。一般的な所属先はエステティックサロンですが、ほかにブライダルサロンやホテルの施設、化粧品メーカー、美容室・理容室、スポーツジム、病院などで働くこともあります。どの職場でも人の身体に直接触れ、その人の性格や体質、目的に沿ったケアを行っていきます。すべてはカウンセリングが基本となります。

エステティシャンの気になる?年収・給料・収入

POINT
地域によって異なりますが、大手のチェーン展開するエステティックサロンの場合、30代での平均年収は300万~400万円ほど。経験などによって収入が増えることもあります。ただし、エステティシャンは午前中からの勤務や午後からの勤務などのシフト制を用いているところが多いとはいえ、勤務時間は長く、立ち仕事がメイン。想像以上に体力を必要とします。週末や祝日に予約が多く入る傾向にあるので、通常の会社員に比べてあまり恵まれているとはいえないかもしれません。ただし、経験を積み、技術力を磨き、顧客が付くことで年収1000万円以上稼ぐ人も多くいます。

エステティシャンの就職先・活躍できる場所は?

POINT
多くのエステティシャンが所属するのが、エステティックサロンやリラクゼーションサロンです。大手企業が経営する全国展開の店舗から個人経営のサロンまで、店の規模はさまざまで、待遇や提供するサービス内容なども異なってきます。ほかに、ホテルやスパ施設、美容室・理容室などもあります。化粧品メーカーに所属し、その関連会社やデパートのブースでトリートメントを行う方法もあります。エステティシャンとしての経験を積んでから独立して、サロンを開業する人も少なくありません。
  • ホテル
  • 美容室
  • エステサロン

エステティシャンのズバリ!将来性は?

POINT
従来、美容は女性のためのものという意識がありましたが、ホテルなどのエステサロンでは男女ともにトリートメントを受けられるところも多く、美に関心の高い男性も増えてきました。そのため、男性専用のエステサロンが次々と開業。さらに、加齢とともに衰える肌のケアを専門としたアンチエイジングケアをはじめ、リフレクソロジーやヘッドスパなどの専門性を高めたサロンも増加しています。専門性の高い技術を習得することで、新しい分野を開拓できる可能性があり、エステティシャンの活躍の場はますます広がっていくことが予想されています。

先輩たちにも聞いてみよう

エステティシャンとして働く佐野 瑞日さん
自信を失っていたお客様が明るさを取り戻し、美しく輝いていく姿が嬉しい
東京ベルエポック美容専門学校 トータルビューティ科(2年制)  卒業
佐野 瑞日さん
エステティシャンとして働く佐藤 彩香さん
お客様の喜びが直接伝わってくる仕事。心を込めてケアすることが結果につながります
ミス・パリ・ビューティ専門学校 トータルビューティ学科  卒業
佐藤 彩香さん
エステティシャンとして働く佐藤 友美さん
お客様の笑顔やお言葉が働く力の源に。エステの仕事は心から好きな私のライフワーク!
仙台ビューティーアート専門学校 トータルビューティー科 エステティックコース 卒業
佐藤 友美さん

エステティシャンのやりがいを聞いてみよう

自分が行ったカウンセリングや施したトリートメントなどによって、お客さまの肌の状態が良くなり、きれいになっていく過程を見られるのが、エステティシャンにとっては何よりもうれしいことでしょう。直接肌に触れる仕事のため、お客さまと接していくことで信頼関係が深まり、いろいろと相談されることもあるようです。また、そのようなコミュニケーションによって、よりお客さまをきれいに、元気にしていくことができるのもこの仕事の魅力。「荒れていた肌がきれいになった」「疲れていた身体がマッサージで軽くなった」と直接感謝される機会も多いようです。

エステティシャンの志望動機を教えて!

「美容について興味があったから美容にまつわる仕事をしたかった」ということをきっかけに、専門学校に入学してからエステティシャンを目指した人は多くいます。美容全般に携われるのがエステティシャンの大きな魅力。外見だけでなく、内面からリラックスしてもらう環境作りができるのもエステティシャンのやりがいでしょう。人と接するのが好きで、相手を笑顔にする仕事がしたいという人にもエステティシャンはひとつの選択肢になると思います。また、「外見にコンプレックスがあったので、同じような悩みをもつ人を助けたい」という気持ちからこの仕事を選んだ人もいます。誰でも一度は外見や肌に悩みをもつもの。そんなエピソードがきっかけになったという声は多く聞かれます。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
AJESTHE認定エステティシャンの就職先

AJESTHE認定エステティシャンの就職先

主な職場はエステティックサロンや美容室など。実務経験を積み、自分のサロンを開業する人も多い。ネイルやメイク、アロマテラピー関係の資格もあわせもてば、活躍の幅が広がるだろう。
エステティシャンをとるには

AJESTHE認定エステティシャンをとるには

AJESTHE認定エステティシャンの受験資格

【資格取得条件】①当協会認定校にて300時間コースを修了し、エステティシャンセンター試験に合格し、正会員登録した者②エステティシャンセンター試験に合格し、正会員登録した者(実務経験通算3年以上)

AJESTHE認定エステティシャンの合格率・難易度

合格率
※非公開

資格団体

(一社)日本エステティック協会
電話:03-3234-8496
URL:http://www.ajesthe.jp/
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザーの就職先

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザーの就職先

主な職場はエステティックサロンや美容室など。実務経験を積み、自分のサロンを開業する人も多い。認定講師資格やネイルやメイク、アロマテラピー関係の資格もあわせもてば、活躍の幅が広がるだろう。
エステティシャンをとるには

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザーをとるには

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザーの受験資格

受験資格があるのは、日本エステティック協会の正会員で、次の3つのうちのいずれかにあてはまる者。 ①協会認定校1000時間以上コースを修了し、正会員として実務経験1年以上を有する者 ②認定エステティシャン資格取得後、2年以上の実務経験を有する者 ③認定エステティシャン資格取得以前から5年以上の実務経験を有する者

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザーの合格率・難易度

合格率
※非公開

資格団体

(一社)日本エステティック協会
電話:03-3234-8496
URL:http://www.ajesthe.jp/
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
AJESTHE認定フェイシャルエステティシャンの就職先

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャンの就職先

主な職場はエステティックサロンや化粧品会社、美容室など。実務経験を積み、自分のサロンを開業する人も多い。ネイルやメイク、アロマテラピー関係の資格もあわせもてば、活躍の幅が広がるだろう。
エステティシャンをとるには

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャンをとるには

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャンの受験資格

【受験資格】エステティックについて学び、またはエステティック関連業に従ずる者【資格申請条件】試験に合格し、①または②の条件を満たした者 ①認定校または理・美容師養成施設で60時間以上のエステティック課程を修了した者②800時間以上の実務経験者(週40時間換算で6カ月を目安とする)③既定の条件を満たし、協会に申請いた認定講師以上資格保持者の開講する所定のエステティック課程を受講し修了した者

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャンの合格率・難易度

合格率
75~80%
※過去平均

資格団体

(一社)日本エステティック協会
電話:03-3234-8496
URL:http://www.ajesthe.jp/
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
CIDESCOインターナショナル・エステティシャンの就職先

CIDESCOインターナショナル・エステティシャンの就職先

エステティックの専門サロンで活躍できる。美容室、化粧品店、スポーツジムやスパ施設などに併設されたサロンなどに就職する。さらに技術を磨けば、独立・開業も目指せる。CIDESCO認定の国際ライセンスを取得し、その国の国家資格・就業ビザを取得すれば、海外のエステティックサロンで働くこともできるなど、世界を舞台に活躍することも夢ではない。エステティックサロンなどで提供される癒しのサービスは、女性だけでなく、男性にも必要とされている職種だけに注目度も高い。クオリティーの高い技術と人間性があれば、長く活躍できる仕事だ。
エステティシャンをとるには

CIDESCOインターナショナル・エステティシャンをとるには

CIDESCOインターナショナル・エステティシャンの受験資格

CIDESCOディプロマを取得するには2つの方法がある。【1】CIDESCO国際認定校において1200時間以上のCIDESCOコースを修了し、卒業時に同校でCIDESCOスクール国際試験を受験して合格し、その後2年以内に600時間の実務経験を積む。【2】3年以上の実務経験を積んでいるエステティシャンが、ポストグラジュエイトCIDESCO国際試験を受験して合格する。(※ポストグラジュエイトCIDESCO国際試験受験にも受験資格が必要)

CIDESCOインターナショナル・エステティシャンの合格率・難易度

合格率
※非公開

資格団体

(一社)CIDESCO-NIPPON
電話:03-3263-5826
URL:http://www.cidesco-nippon.or.jp/
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校