• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • メイクアップアーティスト

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティスト

タレントやモデルのメイクから、ブライダルや医療メイクなども

テレビ、雑誌、CM、ポスター、ファッションショー、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がける。メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっている。最近では、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野でも活躍している。

メイクアップアーティストのやりがい

ファッション誌やテレビ、映画などに、自分がメイクを担当したモデルや女優が登場するのを見るのは、何よりのやりがいといえるでしょう。メイクアップアーティストにとって、メイクはいわば“芸術作品”です。努力を積み重ね、チャンスをつかみ、才能を開花させれば、世界的に活躍する一流のメイクアップアーティストになることも夢ではないでしょう。

メイクアップアーティストの就職先・働く場所

働く場所は、テレビ局やテレビや映画などのロケ現場、CMや雑誌の撮影スタジオ、劇場、ショーのステージなどのほか、美容室、結婚式場、ホテル、大手百貨店などです。主な就職先は、ヘアメイク事務所、化粧品メーカー、ブライダルサロン、エステサロンなどさまざまです。映画、テレビ、雑誌などメディア系を中心に働きたい場合は、ヘアメイク事務所や、メディア系の仕事を請け負う美容室に所属するのがよいでしょう。そのほか、化粧品メーカーやブライダルサロンに就職して、メイクアップアーティストとして活躍する道もあります。初めからフリーランスとして個人で活動するケースは、かなり少ないと言えます。

  • 美容室
  • テレビ局
  • 結婚式場
  • 化粧品メーカー
  • 映画会社

メイクアップアーティストの年収・給料・収入

メイクアップアーティストとして仕事をする分野・ジャンルによって、給料の額はさまざまです。一般的にメイクアップアーティストの事務所に所属・就職する場合、まずはアシスタントから始まる場合がほとんどなので、給料は始めの1~2年めの給与額は厳しいものと考えておいたほうがよいでしょう。そのため、プロのメイクアップアーティストとして生活が成り立つまでには、アルバイトをしたり、それなりの蓄えを用意して臨む必要があると言えます。国内はもちろん、世界的にも有名なメイクアップアーティストであれば、1回の仕事につき100万円もの収入を得られたりしますが、ここまで上り詰める人はほんの一握りというのが現実です。

メイクアップアーティストの将来の展望

女性だけでなく男性も数多く活躍している職業です。最近は、メイクに興味がある人が特に増えており、個性的なメイクがより求められています。雑誌でも、ヘアメイクの専門誌などは売り上げを伸ばしているので、メイクアップアーティストのニーズは多くなっていると言えるでしょう。ただし、生き残っていくには、相当な努力が必要なのはもちろん、人とは違うセンス、ここ一番のチャンスに強いなど、さまざまな要素が必要になります。

メイクアップアーティストになるには

まずは美容系またはメイク系の専門学校で必要な基礎技術を習得するのが一般的です。美容系の専門学校を出て美容師の資格を取得しておけば仕事の幅も広がり、よりチャンスをつかむ機会に恵まれるでしょう。学校卒業後、ヘアメイク事務所や化粧品会社、ブライダルサロンなどに就職して、アシスタント経験を経て一人前のメイクアップアーティストになるケースが多いようです。

メイクアップアーティストの適性・求められる力

常に情報のアンテナを張り、流行に敏感、メイクやヘアスタイリングが大好きで、センスもある…、メイクアップアーティストになるには、こうした要素のほか、実にたくさんの資質が求められます。長時間の立ち仕事に耐えられる体力や、モデルやタレントなどメイクをする相手との高いコミュニケーション能力も大変重要な要素となります。

メイクアップアーティストの学校の選び方

メイクアップアーティストになるための基礎的な技術が学べる専門学校は数多くあります。どのような業界で、どんなメイクを施すアーティストになりたいか、ある程度明確なビジョンを持ったうえで、学校を絞り込んでいく必要があります。美容師免許を取得することを最初の目標にするのか、または、メイクアップの技術習得のみに力を入れたいのかによって、選ぶ専門学校も違ってきます。また、現場で活躍する講師が数多く指導している専門学校なら、最先端の技術を学べると同時に、講師の信頼を得れば、就職に直結する場合もあります。その学校自体がヘアメイク業界に太いパイプをもっているかも重要な要素です。

日本メイクアップ技術検定

メイクのプロとして通用する技術を認定する検定

テレビ番組や映画、舞台に出演する俳優や、雑誌のモデルなどにメイクをするメイクアップアーティスト。プロとして活躍するためのメイクの基本的な技術を評価し、認定するのがこの検定で年2回実施。4級~1級の4段階があり、4級から順に受験していくシステム。この仕事でキャリアアップをめざすなら2級以上の取得が求められる。勉強期間の目安は、2級の場合はスクールで80時間のカリキュラム、通信教育だと1年間。

日本メイクアップ技術検定の就職先

メイクアップ専門の会社などに所属して働く。経験を積んで実力をつけてから独立し、フリーとして活躍する人も多く、自分のサロンを開くケースも増えている。また、化粧品メーカーでビューティアドバイザーの仕事をする方法もある。美容師や、ネイルやエステ関係の資格もあれば役立つ。

日本メイクアップ技術検定をとるには

日本メイクアップ技術検定の受験資格

3級受験については制限がないが、3級に合格すると、2級の受験資格が得られ、2級に合格すると1級に挑戦できる。3級、2級同時受験可能。

日本メイクアップ技術検定の合格率・難易度

合格率
86.1%(3級)、47.8%(2級)、24.2%(1級)
※2016年 春期

資格団体

(一社)JMA
電話:03-5765-9123
URL:http://www.jma-makeup.or.jp/
IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

メイクのプロとしての基礎技術と実力を審査し、証明する

IBF(国際美容連盟)はN.Yと東京に拠点をおき、美容業界の発展と人材育成に努める団体。IBFでは認定試験を年4回実施し、プロのメイクアップアーティストとして活躍するための実践的技能を審査。試験は筆記と実技試験。基礎テクニックとTPOにあわせてメイクを施せる力を試す。合格までの勉強期間はIBF指定校で6ヵ月。合格するとIBF認定国際メイクアップアーティストの資格が得られ,一定の基準をクリアした実力を持つ証明になる。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の就職先

メイク専門プロダクションや化粧品会社、スクール講師、美容関係のインストラクター、美容ジャーナリストなど。実力しだいではフリーランスとしての活動や、自分のサロンを開業する道も開かれるだろう。美容師や、ネイル関係の資格もあれば、キャリアアップに役立つ。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験をとるには

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の受験資格

IBFが指定するスクールで所定のカリキュラムを修了した者。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の合格率・難易度

合格率
約80%
※2013年度

資格団体

(一社)IBF (国際美容連盟)
電話:03-5928-3800
URL:http://www.ibf-japan.com/admission/artist.html
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

メイクアップアーティストに関連する学問

メイクアップアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

日本外国語専門学校 - エアライン説明会/エアラインフェア - 2017/08/03~2017/08/20 - 東京都新宿区下落合1-5-16
仙台ウェディング&ブライダル専門学校 - 無料送迎バスツアーのご案内!【一ノ関駅】 - 2017/08/12~2017/08/13 - 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-8-3
大原簿記法律専門学校難波校 - ☆スペシャル体験学習☆(税理士・会計士系) - 2017/08/01~2017/08/19 - 大阪府大阪市浪速区難波中1-6-2