• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • メイクアップアーティスト
  • 気になる?年収・給料・収入
やりたいことを見つけよう!

メイクアップアーティストの気になる?年収・給料・収入

メイクアップアーティストとして仕事をする分野・ジャンルによって、給料の額はさまざまです。一般的にメイクアップアーティストの事務所に所属・就職する場合、まずはアシスタントから始まる場合がほとんどなので、給料は始めの1~2年めの給与額は厳しいものと考えておいたほうがよいでしょう。そのため、プロのメイクアップアーティストとして生活が成り立つまでには、アルバイトをしたり、それなりの蓄えを用意して臨む必要があると言えます。国内はもちろん、世界的にも有名なメイクアップアーティストであれば、1回の仕事につき100万円もの収入を得られたりしますが、ここまで上り詰める人はほんの一握りというのが現実です。

ヘアメイク事務所・大手美容サロンの場合

事務所やサロンの方針にもよりますが、所属して1~3年はアシスタントとしての下積み時代で、いわば勉強期間です。給料の額は最初は低いものの、徐々に力量が認められて仕事が多く入るようになれば、年収にして200万円~500万円前後になってくるでしょう(一般社団法人 JMA(Japan Make-up Association)談)。

化粧品メーカーやブライダルサロンの場合

メイク専門の部署に配属されて、メイクアップアーティストとして活動する場合は、その企業が定める給与を毎月得られます。比較的安定した収入を得られやすいと言えるでしょう。

フリーランスのアシスタントの場合

雑誌やテレビなどで名前が知られている著名な人のアシスタントになるのは狭き門ですが、一般的にフリーのメイクアップアーティストのアシスタントとして弟子入りした場合は、さまざまな雑務をこなしながら現場で勉強をさせてもらうので、給料は10万円に満たない額から、最高でも年収150万円程度という場合が多いようです。

メイクアップアーティストに関連する学問

メイクアップアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路