• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • メイクアップアーティスト
  • 必要な試験と資格は?
メイクアップアーティストの必要な試験と資格は?

メイクアップアーティストの必要な試験と資格は?

メイクアップアーティストになるために必要な資格はありません。ただし、ほとんどの現場で、メイクと同時にヘアスタイリングも求められるので、美容師免許は必須といっても過言ではないでしょう。その他、民間が行っているメイクアップに関する検定試験もあります。この試験で高いレベルを取得すると、就活時に自分の能力をよりアピールすることができます。

美容師免許

美容師免許は国家資格です。有効期限はなく、更新等の必要は基本的にはないので、一度合格すれば一生の資格となります。免許を取得するための国家試験の受験資格を得るには、厚生労働大臣の認可を受けている美容学校である「美容師養成施設」を卒業しなければなりません。こうした学校には、昼間・夜間の専門学校、通信学校があるので、自分に合ったスタイルの学校を選ぶようにしましょう。

JMAメイクアップ技術検定試験

社団法人JMAが定める正しいメイクを基準とし、国際的に通用するメイクアップアーティストの育成を目指す検定試験です。試験は、1級・2級・3級の三段階に分かれて実施されます。1級を取得すれば、就活時の能力アピールにつながり、また就職後は、資格手当の対象にもなります。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

IBF(国際美容連盟)が認定する試験です。IBFの認定校を卒業し、修了証書を取得した人に受験資格があります。国際的に共有できる『国際メイクアップアーティスト ライセンス』などが取得でき、就職時やフリーランスとしての活動時になどに、さまざまなメリットが得られます。

取材協力
一般社団法人 JMA(Japan Make-up Association)

全国のオススメの学校

メイクアップアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路