• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 大学教授
  • 求められる人物は?適性を知る
やりたいことを見つけよう!

大学教授の求められる人物は?適性を知る

試行錯誤の繰り返しである研究活動を長く続けていくためには、その原動力となる探究心は必要不可欠です。この気持ちがあるからこそ大学教授という仕事を志す人も多く、重要な適性といえます。また、理系であっても文系であっても、研究には論理的思考力が必須です。ものごとを整理して思考を組み立てるのが得意な人は大学教授に向いています。もちろん、教える仕事ですから、コミュニケーション力も大切。なかでも難しいことをわかりやすく伝える力がポイントになります。

探究心

ものごとに対して常に「なぜそうなのか?」という疑問を抱き、その問題について深く掘り下げて考え続けることができる探究心は必要不可欠です。研究は試行錯誤を繰り返しながら長い時間をかけて取り組むもの。失敗にめげず、チャレンジし続ける粘り強さを支えるのもこの探究心なのです。

論理的思考力

知りたいという気持ちやひらめきだけでは研究は成立しません。研究のプロセスを組み立てるうえでも、実験結果などを分析するうえでも論理的思考力は非常に重要です。論文を書くことも、学生への指導もこの力が基礎となります。

わかりやすく伝える力

研究者志向の人の中には、一人で研究に没頭するのが好きで、他人と積極的にコミュニケーションをとることを好まない人もいます。しかし、大学教授は人に教えることも大切な仕事。コミュニケーション力、なかでも、難しいことをわかりやすく伝える力が求められます。

大学教授に関連する記事

大学教授を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路