• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 養護教諭

養護教諭

養護教諭

生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

養護教諭のやりがい

心身の健康に関して全児童・生徒から頼りにされる立場なので、責任の重さと同時にやりがいも大きい仕事です。子どもたちは成長過程の大切な時期にあります。正しい生活習慣を身につけ、健やかに日々を送れるよう指導することは、子どもたちの今後の人生にも大きくかかわっていくことになります。自分の働きかけによって子どもが笑顔を取り戻してくれること、また、子どもたちの豊かな成長に貢献できることが大きなやりがいにつながっています。

養護教諭の就職先・働く場所

就職先は、国公私立の小学校・中学校・高校・特別支援学校など、学校が基本です。幼稚園でも養護教諭を置いている場合はありますが、現状、数は少ないようです。公立の学校の場合は、地方公務員となります。規模の大きい学校や特別支援学校などでは養護教諭が2人いる場合がありますが、ほとんどの学校では1人なので、新卒で就職しても勤務先に同じ職種の先輩や同僚はいないケースが多いです。そのため、同じ職種の人と知り合うのは、勉強会や研修などになります。夜勤などもなく、労働環境が安定しているため、長く働き続ける人が多い仕事でもあります。

  • 学校

養護教諭の年収・給料・収入

地方公務員の場合、平均年収は約673万円。月額は、手当も含めて約42万円です。勤続年数が増えるにつれて給料が上がるため、長い目で見た時に安定して収入を得られる職業です。その一方で子どもたちが帰宅した後にも、健康診断の準備、掲示物の制作、事務作業、職員会議などを行う必要があり、残業も多いと言えるでしょう。夏休みなどの長期休暇は、子どもたちはお休みですが、教諭は通常どおり出勤しなければなりません。また、部活動の顧問をする場合、休日出勤もあり得ます(部活動の指導に従事する場合の手当はあります)。一般的にはそれなりに収入が多いと言われますが、業務の多さや勤務時間の長さから、「給料が高いとは言えない」と感じる人も多いようです。

養護教諭の将来の展望

少子化により学校の数が減る傾向にはありますが、最近では、いじめなどにより不登校や心の悩みを抱える子どもが増えており、1人の養護教諭にかかる責任や負担は大きくなっていると言えます。そのため、1校につき1人の体制ではなく複数配置を求める動きも見られています。子どもたちが元気に学校生活を送れるよう、今後はスクールカウンセラーなどとも協力して対応していくケースが増えていくでしょう。教育現場における養護教諭の役割は、これまで以上に高く評価されていくと考えられます。

養護教諭になるには

養護教諭として働くためには、養護教諭の免許状を取得する必要があります。一般的には、大学・短大・専門学校の養護教諭養成課程のある教育・保健・看護系学科などを卒業することで取得できます。その後、教員採用試験に合格すれば養護教諭として働くことができます。採用試験は、公立や私立など学校の種類によって内容が異なります。また、看護師や保健師として働いている人が養護教諭に転職するケースもあります。その場合も、養護教諭の免許状を取得し、教員採用試験を受けます。

養護教諭の適性・求められる力

ケガなどに対する医学的な知識はもちろん、心のケアをするうえでは子どもたちのちょっとした変化を見逃さない観察力も欠かせません。さらに、コミュニケーション力、包容力や冷静な判断力も使って、子どもたちの心身のケアにあたります。時には、ほかの教諭や外部の専門機関と一緒に子どものケアにあたるので、連携力も求められます。子どもたち全員の「保健室の先生」として、子どものことを第一に考え、寄り添い、支えとなれることが何より大切と言えるでしょう。

養護教諭の学校の選び方

養護教諭として働くためには、養護教諭の免許状が必要です。免許状を取得するためには、大学・短大・専門学校の養護教諭養成課程のある教育・保健・看護系の学科などを卒業しなければなりません。まずは、養護教諭の免許状が取得できる学校かを確認しましょう。学校によっては、「一種免許状」と看護師などのほかの資格を同時に取得できるところもあります。また、就職先となる学校によっては、「専修免許状」や「一種免許状」を条件としている場合もあります。将来、どういった学校で働きたいかという点もふまえて、進学先を検討できるといいかもしれません。

養護教諭免許状<国>

保健室の先生(養護教諭)になるための免許

養護の先生になるには教諭免許状が必要。免許状には普通免許状、特別免許状、臨時免許状があるが、普通免許状をもっている人がほとんど。普通免許状は専修、1種、2種の3種類。例えば1種免許状の取得条件は、大学卒業と教諭免許状取得に必要な単位の取得。養護教諭1種免許状を取得できるのは、大学の教育学部、看護学部、保健学部、体育学部など。免許状取得後、都道府県などの教育職員採用試験に合格する必要あり。

養護教諭免許状<国>の就職先

全国の公立、私立の小学校、中学校、高校など。

養護教諭免許状<国>をとるには

養護教諭免許状<国>の受験資格

普通免許状(専修、1種、2種)の一般的な取得条件は、専修免許状=大学院卒業(修士)+教諭免許状取得に必要な単位数、1種免許状=大学卒業(学士)+教諭免許状取得に必要な単位数、2種免許状=短期大学または高等専門学校卒業+教諭免許状取得に必要な単位数。

養護教諭免許状<国>の合格率・難易度

合格率

資格団体

文部科学省 初等中等教育局 教職員課 教員免許企画室免許係
電話:03-5253-4111(内線2453)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

養護教諭に関連する仕事・資格

養護教諭に関連する学問

養護教諭に関連する記事

  • 子どもたちの体と心をケアする保健室の先生「養護教諭」

    体育の授業などで擦り傷を作ってしまったときに、やさしく手当をしてくれる保健室の先生。それが「養護教諭」だ。 保健室での応急処置に加え、全校生徒の健康を管理したり、校内の衛生環境を把握したり、子どもたちを陰ながら支える存在となっている。 そんな養護教諭の一人、吉野裕美さん(27歳)は、現在、福 …

養護教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校 - 介護福祉士をめざす人のオープンキャンパス - 2017/10/07 - 愛知県名古屋市中村区則武1-1-4 理学・作業名古屋専門学校(姉妹校)
河原医療大学校 - 各学科職業体験 - 2017/09/30 - 愛媛県松山市花園町3-6
リリーこども&スポーツ専門学校 - 【こども教育学科】オープンキャンパス★2017 - 2017/10/01 - 茨城県水戸市梅香2-1-44